霜降  -70-

画像

この地域の「村の鎮守さま」は「川尻八幡宮」で、初詣などは結構にぎやかです。場所は例の人気スポット「かたくりの里」近くです。写真は、参道を東側から撮ったものですが、この道路のつきあたりが川尻八幡です。
今日は、二十四節気のひとつ「霜降」です。実はこの日、川尻八幡で日の出を待つと、この参道を一直線に延ばした地点(写真の手前の方角)から昇ってくるそうです。「くるそうです」というのは、私は実際に見たことがないのです。ブログで紹介しようと、今回は行ってみるつもりでしたが、残念ながら、この天気では無理でした。「雨水」の日も同様の日の出がみれるそうなので、次回、チャレンジしてみます。
古来、神社などは、いろいろなことを考えられて、造られているのですね。写真を見ると、川尻八幡の背後に、城山湖のある山(龍籠山?)がおおいかぶさるように聳えています。このことも神社の位置ぎめの時、考慮されたのでしょうね、多分。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2006年10月24日 12:24
「川尻八幡の日の出」は見たかったですね。
やはり今週末では、ずれてしまうのですかね?
地図でみると、参道がずいぶんと長そうで、参道の先に、逆光でシルエットになった鳥居があり、その下?か上?から日が昇るシーンは期待できそう。
雨水の日が何時だか知らないのですが、是非チャレンジお願いします。
人生ゆっくり
2006年10月24日 14:11
2月19日らしいです。以前お知らせした「屋根のない博物館」のページに写真がのっています。でもやはり自分の目で見た方が感動的なのでしょうね。
http://park19.wakwak.com/~hotaru/usui.htm

この記事へのトラックバック