年賀状/今朝の朝焼け  -127-

そろそろ「返信」年賀状の頃になりました。でも昨日、返信でない年賀状を2通いただいたので、まだ何通かは来るかもしれません。
元々、私は手紙を書くのは大好きです、ですから年賀状も好きです。今年は、家人のものとは分けて、自分だけの年賀状にしましたから、少し小さな文字で、最近の様子を印刷しました。ですからこれまで手書きで、空白個所に書き込んでいた手間が減りましたので、随分ラクでした。全て印刷するのは、何となく味気ない感じがしますので、宛名だけは、これまで通り、手書きとしました。
年賀状のやり取りをしなくなりますと、気持ちの中で、その方とは永遠の別れになるような気がします。会社の後輩の人など、こちらから出し続けると、若し、年賀状をやめたいと思っておられるとしたら、ヒョットして負担にも・・、こちらから出し続けるのは考えものだ・・と思ったり、なかなかに年賀状は難しいところがあります。
でも一年に一回、懐かしい方から年賀状が届き、最近の様子が少しでも書いてあると、本当に嬉しいですね。
会社関係の知り合いは、団塊の世代が多いので、いろいろと書いておられます。敢然と、これからも社会に出ていくという方もおられて、本当にそういう方には感心いたします。

写真は今朝の朝焼けです。今日は、それぞれに雲の色が変化して、まことに見ごたえがありました。ただ、犬との散歩の途中であること、蜘蛛の巣のごとき電線の多さで、どうも写真になりえない場所が多く、この一枚だけの紹介といたします。
画像

この記事へのコメント

loafer
2007年01月07日 11:04
年賀状は家内のもの30枚を含めて、400枚位出しました。
宛先によって4種類作り分けていますが、なかなか一筆が加えられません。
職場の先輩、同期、後輩などはたまたま袖触れあう縁だったのかと思うこともありますが、年に1回くらいは近況を知らせ合うのもいいのではと考えていました。
けれど年賀状を出すというのもかなり負担に思う人もいるようです。
返事と思われる賀状に、お元気ですか?等と書いてあるのも散見します。
2年続けて返信が無い場合は、此方から出すのを止めることにしています。
そんなくらいのつき合いだったのかと、ちょっぴり寂しさも感じますが・・
なかなか難しいですね。
昨年暮れは、喪中葉書で配偶者や兄弟姉妹を亡くしたというのがかなりありました。
そういう年回りになったのですね。
2007年01月07日 11:51
朝焼けを見られるなんて、
犬の散歩も早い時間に行かれるんですね。
私は猫なので・・・冬はますます寝ぼすけです。恥ずかしい。
今日の写真は、雲の感じがドラマチックでいいですね。
トップページの朝日(かな?)は、もしかして今年の初日の出ですか?
人生ゆっくり
2007年01月07日 12:23
loaferさん
それくらいの数を出されると、確かに、添え書きは大変ですね。
なんとなくメンドウなことは避けて、ズボラな行動に走る傾向が出てきて、自戒しているのですが・・、喪中葉書にも基本的にその都度、絵葉書なんかでお悔やみを、返信することにしていましたが、昨年はそれもサボってしまいました。

ねこまっくさん
早いといっても、今の時期は6時半頃出発です、夏なら、4時台にでかけることもあります。もっとも、それだけ寝る時間は早いですけどね。
「朝日」、本当は聞かれたくなかったのですが。昨年12/30(だったかな)の、やはり朝の散歩の途中の日の出です。高台に住んでいるので、犬をほったらかしにすれば、いい写真が撮れるのですが・・。←隣で私を睨んでおります。
H.Y
2007年01月11日 16:55
喪中の葉書が多くなるのも、そのような年齢になったからでしょうか。
この2年の間に何通か、ご本人が亡くなられた知らせを、家族の方からいただきました。この知らせには、少しこたえます。
人生ゆっくり
2007年01月11日 17:54
確かに、ご本人だとそうです・・。こういう年齢になってくると、仕方がないかもしれませんね。
でもウンと先輩の方が、バリバリと元気にやっておられる様子を書いていただいた年賀状は、楽しくもあり、本当に励まされます。

この記事へのトラックバック