しろやま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 水道物語 〜横浜水道〜  -130-

<<   作成日時 : 2007/01/13 06:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

                          横浜市水道局 青山沈殿池
画像

画像

前回の「川崎水道」は意外に沢山の方に読んでいただきました、今回は「横浜水道」です。
尚、最近こういった話題が多いのですが、実は、風邪気味で外出を控えていますので「ウォーキング」なんかの記事が書けないのです、ただ大したことはないのでご心配なく。

横浜市への水道水は、現在、旧津久井町の鮑子(アビコ)で取水し、青山沈殿池・城山隧道を経由して「川井・西谷浄水場」まで、これまた延々と延びています。西谷までは38kmあるそうです。それが高低差を利用した自然流下方式で送られているとのことなので、驚きます。現在の形は、大正4年(1915)に完成したそうです。

それだけでもスゴイと思いますが、実は、横浜水道は、それをはるかに遡って明治20年9月(M18.4着工)に全長43.9kmの水道管が野毛まで完成していたそうです。
これらの話は、町の歴史講座で興味深く聞きました、青山沈殿池(ここも横浜市のもの!)も見学させていただき、よく理解できました。
「明治の水道管」の取水場所は、津久井湖に三井大橋という朱塗りの鉄橋がありますが、その上流の沼本という地点でした。やはり自然流下方式とするために、この地点でボイラーを運転し、汲み上げていたそうです。これは費用もかかり維持も大変だったようで、現在の場所に変更になりました。
変更になったといっても簡単なことではなく、現在の青山沈殿池からの水は、津久井湖ゴルフクラブなどの下を通っている『城山隧道』を抜け、ホボ真っ直ぐに、津久井湖の城山ダムまで通っているのです。
地元の人でも、このことはあまり知りません、いわんや横浜市民の方は・・、でしょうね。
城山隧道は、建設時、国鉄笹子トンネルに次ぐ、日本で二番目に長いトンネルだったそうです。
画像

明治の時の工事では、導水管は相模川に沿って設置されましたが(下流からみて右側)、例の相模川河岸段丘であり、かなりの難工事だったようです。隋道も20個所以上も掘削したようです。設計は外国人で、最新の鋳物管をつかったり、英国からトロッコを輸入し使ったそうです。また工事の連絡に専用電話を敷設したとのこと。神奈川県で電話が使われたのは、これが初めてではないかと、先生は話しておられました。
他にも興味深いお話を沢山うかがいましたが、キリがないです。
船の用水として、横浜から積み込んだ水は、赤道を越えても腐らなかったといいます、どうしてなのか私は分かりませんが・・、まさにそれは、この津久井の水でした。

昨日、小倉橋近くの水道橋の写真を撮りにでかけました。驚くなかれ(自分ひとりで驚いていても仕方ありませんけど・・)、水道橋が二つあるんですね・・。この道路は、もう何十回も歩いていますし、水道橋が通っていることも知っていましたが、二つあるというのは全く意識していませんでした。どちらかが、ひょっとしたら明治のもので、そのままになっているのかもしれませんね。何かの機会に確認したいと思っています。
一つめの水道橋
画像

二つめの水道橋、上は「新小倉橋」です
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「横浜水道の話」面白いですね。
大きな地図片手で追いかけていきたいです。
小倉橋の水道橋は私も不思議に思ってました。
暖かくなったら、是非相模原の水道道をゆっくり散歩してください。
チョット臭いけど(肥やしの匂いが)いい散歩道ですよ。
long
2007/01/18 13:00
小倉橋の2本の水道橋は、どちらも使われているのかもしれません、そんなふうに読める地図がありました。年に一回、谷ケ原浄水場の公開日がありますので、その時にでも確認してみたいと思っています。
「相模原の水道道」ってのは、どのあたりですか?
人生ゆっくり
2007/01/18 14:13
相模原の水道道は「横浜水道道緑道」と呼ばれている散策コースになってます。
大島地区(小倉橋付近)〜上溝〜番田〜相模原公園付近〜相模大野へと15Kmくらいのまっすぐな道です。
HPを「横浜水道道緑道」で検索すると、いろいろな散策方法が載ってます。
お勧めは、相模原公園付近です。
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/keizai/kankou/ryokuti/html/ryokuti01_a.html
long
2007/01/18 18:09
どうしてでしょうか?
アドレスが同じところで切られてしまいますね。
何か制限があるのでしょうかね?
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/
keizai/kankou/ryokuti/html/ryokuti01_a.html
2行に分けて送って見ます。
long
2007/01/18 18:17
ありがとうございます。そういう道があるんですね、初めて知りました。相模原沈殿地のところが、水道道の一つのターミナルになっているのですね。
アドレスの件、どうしてなのでしょう。こういうことになると私の知識ではギブアップです。
ちなみに、「編集→コメント一覧」で見ましたら、いずれもキチンとアドレスは入っていました。
人生ゆっくり
2007/01/18 18:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
水道物語 〜横浜水道〜  -130- しろやま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる