「高尾山」大周遊ウォーキング②  -170-

画像

昨年11月の高尾山大周遊【-94-参照(クリック)】とホボ同じところを歩きますが、今回ルートは前回と逆で、〔南高尾山稜道→高尾山〕というように時計回りです。
コースも少し延びていますし、高尾山ではリフトを使わなかったので、結構ハードでした。

例のごとく、私は自宅発着ですが、「城山湖駐車場を発着」ということで書きます。
一周コースですから、高尾山口等の発着でも、勿論、歩けます、またサブルートも沢山あります。

自宅~城山湖駐車場~榎窪山~見晴台~中沢山~大垂水峠~一丁平~高尾山/稲荷山コース~高尾山口駅(昼食)~四辻~草戸峠~城山湖駐車場~自宅
城山湖駐車場→城山湖駐車場 28500歩 5時間30分
自宅→自宅 35200歩 6時間30分        ※いずれも「休憩時間」を除く

自宅から城山湖への道、少しずつ花などが咲き始めましたね、桜ももうスグ・・
左/きぶし(木五倍子)   枝しなひきぶしの金の鎖垂れ 岡田日郎
右/すみれ(菫)       まだ眠き一重瞼の菫あり    千代田葛彦
画像

城山湖の上、榎窪山付近から、今日歩くところをのぞみます。
左、小仏城山(この日は行きませんでしたが・・)、右、高尾山です。
画像

前にも書きましたが、この南高尾山稜道で「城山」と書いてあるのは、「小仏城山」のことです。城山湖や城山町は逆の方向ですから、初めての方は注意してください。ここにも、そのように表示されてます。
ここの分岐、私は先が長いので、巻き道を歩きます。
画像

イノシシはこういう穴を掘る習性があるのか、はたまた何かを探しているのか・・あちこちを掘っています。でもここの道で、向こうから突進してきたら・・それは恐い。
画像

雰囲気がいいでしょ・・ここらは一番狭いところで、このコース道は、大体どこでもすれ違えます。
画像

山稜道随一の展望所「見晴台」、中央遠くに富士山がウッスラと見えてました。この日は全体的に霞んでいましたので、眺望はイマイチでした。中央の山のところの「雲」のような見えるのが富士山です、わかりませんね・・。
正面の山は、近辺屈指のハイキングコースがある石老山です。「つつじ」の頃がいいです。
画像

南高尾山稜道の終点、ここから一気に大垂水峠に下ります。
画像

花のようにキレイな葉をつけた植物がありました。
ps)どなたかのブログに「よごれねこのめ」と書いてありました。
画像

大垂水峠のハイカー専用の歩道橋です。国道20号を、左に行くと相模湖、右は高尾山口です。
画像

高尾山は「スミレ」のメッカです。でも時期は少し早かったですね。
画像

【閑話休題】
すみれの花を見ると、つい、いま練習している合唱曲「島よ」のメロディーが浮かんできます。
『・・・菫、紫、薄墨色 空は変わり 風はひそみ
夜へ傾く時のなかで 島はあたらしくなる
呼びさまされた声を孕み 島は鮮やかに生きはじめる』
低音部の一員としては・・、やはり「メロディーをうたいテー・・」。この気持ち、トップテナーなんの連中は「分かるかな・・分かんネェーだろうな」。
このギャグ、若い人は「分かんネェーだろうな」・・。    少し恥ずかし・・。

花粉症の方は、こんな写真を見ただけで・・。
画像

今回は、一丁平(左)の方に登ります、この道、結構ハードでした。右は高尾直行ルートです。
画像

一丁平で持参の缶ビール、これは最高。
小休止の後、高尾山に向かって歩きました。
中央の階段を上がっていけば高尾山山頂です、かなりハードで、少々イヤになってくる階段です。私は右へ。
画像

高尾山/稲荷山コースです。左の階段を登れば、やはり高尾山山頂。
画像

稲荷山コースは尾根道を下る人気コースで、いつも沢山の人です。
正面に高尾山口駅が見えています、ここを終点にすれば、気持ちのいいウォーキングとして終われますが・・。
画像

高尾山口では、昼食の「とろろそば」、少し高いですが、どうしてもここではね・・。
再び登りにかかり、一路城山湖を目指します。でも、やはり疲れてました、往きの半分近くのペースに落ちました・。
画像

草戸峠まで帰ってきました。高尾山のホボ全貌が見えます。左から右に歩いてきたわけです。
画像

帰りました城山湖です。本沢ダム堰堤の上から。自宅までは、あと30分です。
画像

最後まで見ていただいてありがとうございます。今日もまだ体のアチコチが痛いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月24日 13:50
 「見晴台」の眺め、すごいです。写真、有り難うございました。35200歩、お元気ですね。
人生ゆっくり
2007年03月24日 22:54
実は歩いたのは一昨日ですが、まだ少し「ふくらはぎ」のあたりが痛いです。
見晴台の風景は、本当に素晴らしいです。
2007年03月27日 00:50
ろ、ろ、六時間も歩かれたんですかー?お一人で?
お元気ですねえ・・・私には無理です。きっと遭難します。
以前の長歩きのときより、山の風景がすこーし春っぽくなってきましたね。
トップ画像、あれはクロッカスですか?もう咲いてるんですね。

「島よ」名曲ですね!いいなあ、歌われてるんですね。新しくできた男声合唱団でいつかやんないかな~と、楽譜だけは購入してます。やりたい曲がいっぱいあって、たいへんです。
人生ゆっくり
2007年03月27日 10:14
山を遠くから見ると、「萌え」っとしてきました、やがて桜が咲き、木々は緑一色になり、春です。蛇も出てきますが・・。

新編成の合唱団、楽しみですね、ところで名前、決まったんでしたっけ・・。
2007年03月27日 12:22
久々の20K台ウォークですね。
6時間半で、休憩を入れたら、きっと7時間以上ですよね。それも山歩きで!
やりますね。
だいぶ気候も良くなってきて、
「春は名のみ~の、風の寒さよ~」だったかな?
から、本格的な春です。
高尾の春を満喫されてようで、羨ましい。
やはり、スミレはまだ早かったですか・・。
里山では、あちらこちらで見受けられるようになりましたが、そろそろ黄色系?(黄水仙、きぶし、まんさく、れんぎょう、ミモザ・・)から紫系?(スミレ、カタクリ)に代ってきますかねそしてピンク系(桜)からチューリップですかね。
体の痛みは、次のウォークで直すが一番・・
・・なんちゃって・・いつも翌日は、体を休めてますが。
人生ゆっくり
2007年03月27日 20:27
この日は、「風」も心地よかったですね。
おっしゃるように黄色系が、真っ盛りですね。明日は近くのピンク系を訪問してこようかな、と思っています。
2007年03月30日 23:19
「人生ゆっくり」さん 始めまして
3年ほど前までは良く歩いたコースでした。残念ながら今は足腰に自信がなくなり家の近くの散歩で我慢しています。このコースの南高尾から歩いて大垂水峠へ曲がるあたりで大きな桜の木が一本だけ在るでしょう。多分今ごろ綺麗に咲いているでしょう。
実は私通るたびにごみ拾いしていたんですよ。
根本がごみ捨て場になっていて汚かった。
何回かやっているうちに綺麗になったから他の方も拾っていたのかも。いかれなくなったけど今頃は
あそこで独り花見をしたことが忘れられません。
このコースは長いけどきついところが無くのんびり
単独行するには良いですね。
人生ゆっくり
2007年03月31日 07:07
いらっしゃいませ、どうぞよろしく。
大垂水に曲がるところというと・・大洞山の下あたりでしょうか。
そういえば桜の頃に歩いたことは・・ないので印象はありませんね・・。
このコースで、最近、ゴミが散乱している場所はないです。
近々、ニリンソウを見に行くつもりです。
かこ
2007年04月03日 20:57
多分中沢峠だったと思います。
人生ゆっくり
2007年04月04日 05:10
中沢山の下のところで、ベンチがあるところ付近でしょうかね。
かこ
2007年04月04日 14:30
多分そうだと思います。ベンチは無かったととおもいますが、曖昧です。
人生ゆっくり
2007年04月04日 15:28
今度行った時、確認してみましょう。もっとも桜は散ってしまえば、あまり気がつかないのですけども・・。
来週早々くらいには、ニリンソウが咲きそうです。

この記事へのトラックバック