「埼玉勤務」 の思い出 -257-

画像

いつも昔話で恐縮ですが・・、この写真も、もう20年以上前です・・。というと・・この娘たちも、今、40歳ですか・・嗚呼・・。

埼玉県の北部に新設されたこの会社に、操業スタート前に赴任しました。
それから3年弱いましたけども、自分の会社生活の中では一番元気な頃で、本当に楽しかったです。

建物は出来たばかりでペンキのにおいがプンプン、でも、まばゆいばかりのキレイさでした。
ガラーンとしていた工場に、色も統一された真新しい設備が、次々と運び込まれまれてきました。
やがて神奈川県で工場実習していた連中が帰ってくると、少しずつ活気がでてきました。
それらの生き生きとした様子を、つぶさに見れたことは、今でも印象深く思い出すことができます。

その年の11月は、とても寒かったのですが、まだ暖房設備が試運転中で、ふるえながら仕事をしたのも懐かしいです。広く天井が高いところで、人が少ないと、尚、いっそう寒々とするのですね・・。

次の年の4月、そして翌年の4月、ゴソッと新卒が入社してきました。当然に、学校のような雰囲気になりました。数人の役員と、私たち十数人の出向者を含めても、平均年齢は20歳を少し超えたくらい、という実に恐ろしい会社でした。
どういうものか、想像できますでしょうか・・?。

若々しいといえば、それ以外に言いようもなく、落ち着きがないといえば、それもその通りという感じでした。
私が会社に入って体得したのは、最後には「何とかなる」ということでした・・。
何とか、何とか・・、その内に「学校」の雰囲気から「会社」に変わっていきました。

最初は、そんなことを考える余裕は全くなかったのですが、かなり経った頃、少し落ち着いてきたので、全社スポーツ行事で、ソフトボール大会をやりました。

上の写真はこの時のものです。この中の、唯一の男性が私であり、まわりは当時、正にうら若き会社の乙女達です。名前はスッカリ忘れてしまいましたが、大半、私が採用面接した可愛い娘たちです。
両脇は、私がグループ各社対抗のバレー大会を意識して、「採用◎」とした彼女です・・、もっとも二人とも、バレーだけでなく、学校の成績も性格もよかったのですが・・。

どうして私が囲まれているのか、勿論覚えてはいませんが、・・多分、「慕われていた」のではないでしょうか・・??。
このような状況ですから、私の顔は、客観的にいって、かなり「にやけて」います・・、なので当然にボカシました。

その頃、もちろん苦労することも沢山ありましたが、いい思い出がいっぱいです。
その内、ここに、また書くこともあるでしょう・・。

会社に直接関係ないのですが、この地での思い出すことの一つは「日航ジャンボ機事故」【-8-】です、あの出来事は忘れられません。 
迷走機が、少し方向が違っていれば、この工場に墜落することだってありえたわけですから・・。もうすぐ、また、その日になりますね・・・。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年08月06日 09:46
幸せな一瞬が閉じ込められていますね。
ぼかしてあっても、充分にやけているのが・・・・(笑)
人生ゆっくり
2007年08月06日 10:46
ふふふ・・、あの頃、40くらいでしたが、今と比べると・・、やはり若かったです・・。
2007年08月11日 17:35
 素晴らしい思い出ですね。精一杯働かれた賜と思います。
人生ゆっくり
2007年08月11日 23:25
長く働いてますと、こういう時期もありますね・・。
カンタービレ
2010年01月12日 09:17
またひとつ、いい本に出会いました。昨日、二十歳を祝う式典の通訳を終え、懐かしきあの頃を思い出しながら帰路に着きました。両脇の女の子はわかりませんが、見覚えのある顔も~♪(だけど名前はわかりませんが)入社式の写真・・・こんなにおおぜい採用していた時があったんですね~
人生ゆっくり
2010年01月12日 12:07
随分と昔の記事を引っ張り出しましたね・・。
あなたに読んでいただくとは・・書いた時、予想もしませんでした、少し恥ずかしいです・・。
会社合併の話を聞きますが、どんな会社に変わっているのでしょうね。「見たくもあり、見たくないことも・・」

この記事へのトラックバック