三多摩合唱祭  -320-

画像

昨日は「三多摩合唱祭」でした。
先週の「町田市合唱祭」に続いて、二週連続の合唱祭参加です。その前の土曜日も、小さなコンサートに出演しましたので、このところ大忙しです。
私は、このほかに、今日の夜は、「アミューたちかわ」での「立川管弦楽団定演のゲネプロ(第九)」、明日は「本番」と、更に大変です。

三多摩合唱祭は、いろいろな経緯があって、今回、初参加ということになりました。
会場は日野市民会館でした。
画像

この日野市近辺は、あの「新撰組」発祥の地で、見所が沢山あります。
大河ドラマ放送の頃は、この辺り、沢山の観光客が歩き回っていました。

それはそうと合唱祭・・、今回も折角なので、スタート直後から聴きました。全てが初めて聴く合唱団でした。
プログラムをみると、男声合唱団が比較的沢山出るようで、これには少々驚きました。

どこの合唱祭でもそうですが、思いがけず「実力のある合唱団」があったり、楽しい趣向もあったりで、ノンビリと聴くと楽しいです。

私たちの演奏は「富士山Ⅰ、Ⅳ」・・でしたが、出来栄えはといえば・・、先週の方がよかったかな・・。
出番が終わっても、まだまだ続くようでしたが、朝からで、少し疲れましたし、明日の予定もあるので帰宅しました。

何回か行われた「全員合唱」の様子です。
画像

【注】三多摩とは・・
東京都から、23区と島嶼部を除いた地域です。かつて北多摩郡・南多摩郡・西多摩郡の3郡から構成されていたためにこう呼ばれます。
最近は、たんに多摩、あるいは多摩地区ということが多いです。
「多摩市合唱祭」というのもありますので、こういうネーミングにしているのではないでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • かおたい

    三多摩合唱祭はずいぶん歴史の古い合唱祭ですよね。少なくとも30年以上は続いていると思います。年代に関係なく参加できるのではなかったでしょうか。
    私は多摩地区の都立高校勤務が長かったので、自分の勤務先以外の高校の合唱団とも付き合いがありました。多摩地区合同合唱団が高音連中央大会に初参加して東京文化会館で歌った時に指導者としての感激を味わいました。総勢400人近くであのステージが狭く感じられるほどでした。多分彼らは成人しても歌い続けているのだろうなと思います。当時日野高校にいた松下耕さんはプロの作曲家になっています。しかし、ここ10年ほど高校の合唱人口は少なくなり、さびしい限りです。
    2007年12月26日 23:03
  • 人生ゆっくり

    今回の三多摩合唱祭にも、何校か参加されていました。
    それにしても、どうして合唱人口が減ってしまったのでしょうね。大学の合唱団も、全く昔日の面影はありません。
    2007年12月27日 05:29

この記事へのトラックバック