多田武彦先生  -328-

画像

このサイン、正確に計算したら、38年前でした、ということは・・多田先生も私も・・それだけ歳を・・恐ろしい・・。
合唱組曲「雨」の表紙裏に書いていただいたものです。多田先生は当時、バリバリの銀行マンでしたが、既に沢山の男声合唱曲を作曲されていて、大学グリーメンのアイドル的存在でした。

今の熟年合唱団で、次回演奏会のレパートリーとして「富士山」を練習しているのですが、曲の古さなどは全く感じません、本当にチャレンジし甲斐があるスケールの大きな名曲です。
ただ年齢がやや高い合唱団にとりましては、重量感ドッシリで、かなり「シンドイ」です。来年5月の本番の時、頑張りすぎて「卒倒する人」がでなければいいが、と思ってもおります・・。

当時、多田先生の団委嘱の新曲を一所懸命、練習していました。
そのような縁があり、提唱されていた「多田メソッド」の指導をお願いしましたら、わざわざ来てくださいました。
ド素人集団の私たちに、沢山の「示唆」を与えていただきました。
その折に、サインしていただいたものです。

先生は、現在、神奈川県の藤沢市にご健在で、作曲も続けられているようです。

大学時代の先輩(私が一回生の時の指揮者Kさん)が指揮者をされている、宮崎の男声合唱団が、多田先生の新曲を12月に初演するとのことです。

その曲は「Portrait de Famile(家族の肖像画)」というそうです。
熟年合唱団の連中が唱いながらジーンとくる組曲で、「孫」の曲もあるそうです。聴いてみたし、・・いつか唱ってみたいです・・。

ついでに、こんな写真・・。
左・外山浩爾先生、中・多田武彦先生、右・私。
画像

ある方のアドバイスでは・・「著名な方の写真は、本人の許可をとるべき」だそうです・・。
これならいいでしょう・・。私までやる必要はないのですけど・・。
京都四条烏丸での、ある演奏会後のレセプションの時です・・。
両先生お若いです・・、残念ながら私も・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月07日 07:21
多田武彦さんの「雨」。
詩も、メロディーも、深い悲しみの中にも、透徹したような明るさを感じます。
あの多田先生から直々に指導を受けられたとは、素晴らしい経験をなさったのですね。
38年前・・・
私は、まだほんの子供でした。
人生さん、お若いです。お顔が見えないのが残念!!
人生ゆっくり
2007年12月07日 09:38
懐かしい思い出の一つです、教わったことは、長い中断で忘れてしまいましたが・・。
組曲「雨」は今でも大好きです。終曲の詩は八木重吉の作ですが、地元の生まれで、スグ近くの小学校が出身校です。【-7-参照】
2007年12月25日 14:30
高校の教師の時代に教員の男声合唱団を結成して「雨」を歌い、市の合唱祭にも参加しました。懐かしいです。都内の高校の合唱でも「柳川」「富士山」などは定番ですね。審査を頼まれていくと多田さんの作品の人気の高さが伺われました。
人生ゆっくり
2007年12月25日 15:18
多田先生、最近も結構作曲されているようで、お元気のようですね。
かって、「プロ」の作曲家から、色々なことを言われていましたが、うたっていて気持ちがいい作曲家のNO.1ではないでしょうか。
2019年08月02日 14:04
はじめまして。
男声合唱プロジェクトYARO会の加藤と申します。
多田武彦<公認サイト>を運営しております。
しろやま日記に書かれたタダタケさんのサインを<公認サイト>に引用させて頂いてよろしいでしょうか。私が貰ったサインはこれよりずっと後のものですので、形が変わっています。二つ並べて変遷を見るのも面白いと思います。如何でしょうか。宜しくお願い致します。
人生ゆっくり
2019年08月02日 16:20
書き込みありがとうございました。
どうぞ、ご自由にお使い下さい。私たちは「蛙」の初演メンバーでした。

この記事へのトラックバック