「雨乞山~津久井湖」ウォーキング  -388-

画像

昨日(4/1)、「関東ふれあいの道」でもある「雨乞山(西志田山)」のハイキングコースを歩きました。一昨日の雨で、空気はとても澄んでいて、気持ちよく歩けました。

スタートは串川橋バス停(橋本駅~鳥居原)、およそ15分歩いた韮尾根バス停近くが、ハイキングコースの入口です。
画像

こんな石仏が・・。
画像

登りの道、歩きやすい道です。展望があまりきかないのが残念です。
画像

木の間から見えた、丹沢の山と宮ヶ瀬湖、少しズームをかけています。
画像

山頂です、木が大きくて展望はゼロです。「下るために、上ってきた・・」という感じがしないでもありません・・。
画像

途中で、脇道にそれて「稲生・桜山」に行ってきました(400m)。大正の頃に植えられたそうですが、気象条件などが厳しい場所なのか、思ったほど大きくなかったです。五分咲きくらいでした。
画像

分岐に引き返し、山を下りました。こちらから登ってくると、少し大変かもしれません。こんな道祖神と石仏がありました。
画像

造り酒屋の久保田酒造の横に下りてきました。
画像

そこから20分、坂道で、なかなか厳しかったですが、県立津久井湖城山公園の根小屋エリアに到着。近年、整備が進み、とてもよい場所になってきています。
画像

ここの展望広場からの眺め・・。この日の景色は、とてもキレイ・・。
中央が、さきほど下りてきた雨乞山、右は、仏果山と高取山、そこの近くに宮ヶ瀬湖があります。
画像

目を右に移せば丹沢の山々、昨日の朝は、冷え込みましたので、消えかかっていた雪形の白馬がまた現れています。
画像

ここから、稲生の桜山も見えました。ズームです。
画像

ニリンソウが咲き始めていました、これは近々、南高尾の群落を見にいかねば・・。
画像

津久井湖です。私のホームグランドである城山湖は、中央の山の上にあります。左の山には峰の薬師があります。
渇水期ですので、湖の水は少ないです。
画像

津久井湖城山公園「花の苑地」では、一昨日の雨にもめげず、桜は満開です。
画像

手前が「花の苑地」、湖の向こうが「水の苑地」、そろって桜の名所です。
画像

串川橋から自宅まで、3時間50分(休憩を除く)、21100歩のウォーキングでした。
雨乞山・・バス便などは、とても不便です。地図つきでブログを書かれている方が、沢山おられますので、もしご興味があれば、そちらをご覧下さい。(やや横着ですね・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月02日 09:50
桜も(勿論紅葉も)やっぱり青空の下で見るのがきれいですね。山々の残雪の白、桜のピンク、青空がとっても美しく思いました。
京都はまるで冬に逆戻りのような日々ですが、こちらは気持ちよさそうな陽射しですね。
人生ゆっくり
2008年04月02日 10:40
やはり景色は、いい天気のほうが、いいですね。
ここ数日、こちらも朝など冷え込んでいます、でも、一時と比べれば・・、「春」です・・。
2008年04月02日 17:04
こんにちは♪
桜の花見を兼ねた、素晴らしいハイキングコースですね♪^^途中にあった石仏に赤い帽子がかぶせてあって、現代の笠地蔵という感じですね☆
人生ゆっくり
2008年04月02日 22:16
石仏に帽子をかぶせたり、着物を着せたり・・、地元の方は、本当に、慈しんでおられるようです。
そういう雰囲気が、いつまでも残って欲しいと思います。
2008年04月04日 09:40
先月訪れたあたりで懐かしいですね。水の苑地はゆっくり見てきました。あの菜の花も・・・。桜はまだまだでした。博物館もありましたね、4時閉館はちょっと早いですが。赤い帽子のお地蔵さん、可愛いです。
人生ゆっくり
2008年04月04日 09:55
昨日も行きましたが、まだまだ見れますね。明日・明後日は「さくら祭」です。
「記念館」には、それほどのものはありません、ダムができる前の写真とか・・。

この記事へのトラックバック