ピカピカ・テレカ  -484-

画像

テレフォンカードは、勿論まだ現役ですが、携帯を持ったことで、使用することは殆どなくなりました・・。

そもそも公衆電話を、NTTは徹底的に整理したようで、町角ではスッカリ見かけなくなりました。
全ての人が携帯を持っているわけでもないでしょうし、何かの時、それでいいのかな、とも思いますけど・・。

大震災の時、公衆電話から電話すると、自宅電話よりも、かかり易かったという話を聞いたこともあります・・。

「500円」のテレカは、何かの記念品とか参加賞として、本当に重宝でした。オレンジカードや図書券ですと、最低でも1000円でないと使い勝手が悪かったですから・・。

実用的で、様々なデザインもステキでした。そういえば、使用済みでも、デザインのいいカードは、外国のどこかでは、売れるということで、回収している方もいましたね。

何でも捨てきれない私は、使用済みのテレカを、今も沢山持っています。自分で買ったものは・・何かの記念で買った少ない枚数です・・、会社関係でいただいたものが多いです。

今回は、「ピカピカもの」の3枚を、ご紹介します。
先ずはホログラム・テレカ↑です。平面なのですが、絵が立体的に浮き上がって見えるものです。もっともこの写真ではムリです。

印刷会社の方からいただきました。
わが社の印刷技術を見てくれ、というところでしょう。

金箔の豪華テレカ、あまり意味のないこういうもの・・、バブルの頃の象徴のように思いますね・・。
画像


これは表面に銅箔がはられていて、その上に昔の「銅精錬工程」の一つが描かれています。 ある会社の銅山跡を見学させててただいた時の記念品としていただきました、3枚セットでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月09日 16:44
随分色々なテレカを持っておられるようですね。
大学の同級生が電電公社に勤めていて、テレカが出始めた頃、勤め先に訪ねてきて、何枚か買ってくれといわれて、数枚買いました。岡本太郎のデザインのもので、今ではプレミアムが付いているようです。
10年ほど前イタリア旅行したとき、ベネチアのゴンドラ船頭が、カード、カードというのです。日本の奇麗なテレカを集めているとかで、財布に入っていたのをプレゼントした記憶があります。
 プリペイドカードは、JRのオレンジカード、私鉄独自のカードや、共通カードもありましたが、スイカやパスモに切り替わって、廃止されてしまったのは、少々寂しいです。
人生ゆっくり
2008年08月09日 19:01
イタリアで・・そうでしたか。
かって「チップには・・五円玉」の世界もありましたけど・・。
でも、いまやスイカの時代ですね・・仲良く生きていかねばなりません・・でも便利ですね・・。
2008年08月09日 22:22
ホテルや病院で使えそうな電話機を見かけます。
災害時に公衆電話が使えるとは言いますが、10円銅貨のみの使用で収納箱が一杯になってしまうとお金が入ってくれなくなりますのでかけられなくなります。
人生ゆっくり
2008年08月10日 04:28
公衆電話を減らしたのは、「偽造テレカ」の件も影響したのかもしれませんね・・。
2008年08月13日 14:23
人生ゆっくりさん、こんにちは。
 テレカも公衆電話も便利に使わせてもらっていましたが、今はすっかり不便になってしまいました。携帯電話など、新しい技術を使った新会社が出てきますから、公益性だと言っても民営化したNTTも大変なのでしょう。
人生ゆっくり
2008年08月13日 17:21
携帯は使いこなせば便利なのでしょうが、使えない者にとっては、宝の持ちぐされ・・ですね。

この記事へのトラックバック