「川尻遺跡」発掘説明会  -509-

私の住んでいる近くに、国指定の「川尻石器時代遺跡」があります。今回発掘している場所の現地説明会がありました。
画像

この遺跡は、縄文時代中期~晩期の集落跡で、継続的に発掘調査が行われています。
この場所は、将来に亙って保存されます、今後、破壊されるというようなことはありません。なので、予算の関係もあり、このように帯状に発掘調査されています。調査後は埋め戻されます。
画像

住居跡などは、時代の違うものが重なり合ったりしていて、なかなか判断が難しいようです。
土の色の違いなどて判断したりするそうです。この写真の黄色いところは、関東ローム層とのこと。
画像

住居跡で、変色しているのは焼けたところだそうです。住居が火事で消失したのではないか・・との話でした。
画像

石器ですね、この見学会のために、このように残しておいたとのこと。
画像

土器
画像

3メートルを超す「深い穴」発見。「おとし穴」にしても「貯蔵庫」にしても、いかにも深すぎるので、今のところ、何に使われたのか、全く分らないとのこと。
画像

当時のゴミ捨て場・・?
画像

素朴な感じが好ましいです・・。
画像

私の散歩道「小倉橋」で、「清水」という地名を紹介しましたが、この遺跡は、そこのスグ近くです。そこの水を利用して、生活していたのではないかとのことでした。

周囲のあちらこちらに彼岸花・・秋ですね。
朝方など、気温もグンと冷え込んできました。
画像

この記事へのコメント

2008年09月30日 09:13
人生ゆっくりさんおはようございます。
神奈川県内でも縄文時代の遺跡が残っているところがあるのですね。川尻遺跡を知らなかったので地図で調べてみました。津久井湖のそばですか?
土器の文様がクリアに見えて感動です!
2008年09月30日 14:43
人生ゆっくりさん、こんにちは。
石器時代のゴミ捨て場が、貴重な遺跡とされ、
沢山のお金をかけて、発掘や保全が行われる、
歴史とは、おかしなものですね。
人生ゆっくり
2008年09月30日 16:54
薫の君 さん
そうです、私は、その近くに住んでいます。
今は、駅から少々遠くて便利なところではありませんが、大昔は、住みやすいという地に、人々が住んでいたのでしょうね・・。

ゆかし さん
そうですね・・、ただ財政逼迫の折柄、来年も調査を継続できるか分らないそうです・・。
でもチョコッと、ロマンを感じたりしますけど・・。
のんびり猫
2008年09月30日 19:56
いろんな事がわかるものですね。
土器に模様をつける余裕というのか、すばらしいですね。
人生ゆっくり
2008年10月01日 05:04
説明を受けながら見学しますと、とても興味深いです。
2008年10月08日 19:53
丁寧な解説なので、わかりやすかったです♪^^
せっかく発掘したのに、埋め戻して保存するのは勿体無い気がしますね☆^^
人生ゆっくり
2008年10月08日 20:55
そうですね、「ヘイマヨウ」のように屋根で覆えばいいのでしょうけど、この古墳の規模では・・。
財政困難の町でもありますし・・。

この記事へのトラックバック