ハイキングコース案内板  -526-

私は、比較的よく歩きますが、初めて行ったところに案内板があると、とても助かります。
画像

先日ご紹介しましたが、住まいの近くに、私が勝手に「金毘羅道」と名づけているハイキングコースがあります。
特に景色がいいとかの道ではありませんが、緩やかに登っていきますので、散歩にも格好の道です。よく見ると、チゴユリの群落があったりもします。

上の方には「評議原」という、この写真の案内板が立っている、モミジの名所があります、
何年か前、写真の案内板が、この場所をはじめとして何ヵ所かに設置されました。
ここを、ご存知でない方は、なかなか楽しそうでよく出来た案内板だと思われるかも知れません。

ところが、この案内板・・、とてもヒドイ内容なのです。ここら辺りは、私の庭みたいなものですから、よく知っています。
その私がこの案内板を、最初に見た時・・、どこがどうなっているのか・・よく分りませんでした・・。

こういう案内板は、先ず「現在地」の場所が明確でないと、分り難いです。この案内図・・、全くの「デタラメ」とまでは言えませんが、それに近いデタラメです・・。

また、それぞれのポイントの位置関係が曖昧です。しばらく考えて、アアーそういうことか・・と思いましたが、それでは「案内」にはなりません。東西南北の位置関係、距離も極めてイイカゲン・・。
その他、ハイキングコースと自動車道路が同じ太さに表示してある・・等々。

どうしてこんな案内板が設置されてしまったのでしょうね。

思うに、担当した役人は、既存の適当な地図を渡して、作成を指示したのでしょう。業者は、現地を全く知らないまま、それに自分のアイディアを加えて作成したのでしょう。
そもそも担当役人も、このコースを、あまりよく知らなかったのでは・・。
かくして、こんな、見かけだけは立派な案内板が完成・設置され、「本年度実施した業務一覧」に記載されたということでしょう。

実は金毘羅道のスタート地点には、以前から設置されている案内板があります。こちらの方が、断然いいです、所要時間も入っています。
どうして、こんなのが以前から設置してあるのに、後から、あんなわけの分らんモノを造るんじゃ!!・・。書きつらねつつ・・、血が上ってきますので、このへんで・・。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月03日 10:25
初めて行くハイキングコースでは、案内図は頼りになる筈なのに、いい加減では困りますね。
もう数十年前ですが、尾瀬沼から至仏山へ登り、鳩待峠へ行くとき、雪道に迷い日没で野宿したことがありました。6月でしたがとても寒かったです。体を寄せ合って不安な一夜過ごしました。翌朝わずか10分ほどで小屋に着いたのですが・・・。
つるべ落としの秋の夕暮れ。ハイキングコースといえども、道に迷うと大変ですから、案内図や標識はきちんとしてほしいものです。
暗くなってしまうと地図も役立ちませんし・・・。
人生ゆっくり
2008年11月03日 10:43
それは大変な経験をされましたね。
私は大体、一人歩きをしますが、「こんなところで足でも痛めたら、誰も探してくれないな・・」なんて思うこともあります。
確かに、ハイキングといえども、バカにしてはいけませんね。
2008年11月04日 18:19
見た目重視看板ですね。(笑)
なにやら楽しそうな感じがしますから・・・・
どうせ、お役所仕事なのでは・・・・
前からある看板にいちゃもんをつけた人がいたのでしょうね。
人生ゆっくり
2008年11月05日 09:19
楽しそうなもの・・を作りたい・・という気持ちだけは、よく分かりますけども・・。
道に迷ってしまうような案内図では・・ですね。
2008年11月11日 18:13
こんばんは♪
むしろ無いほうがマシと言われる、案内板ってありますよね♪^^初めての場所で曖昧な案内をされると、かえって迷ってしまいます。
問題の案内板は、こちらの記事を見て撤去されるかも。。。☆^^
人生ゆっくり
2008年11月11日 20:47
本当に撤去してもらいたい・・ところですけど。
お役所というところは・・、反省などしない、方向転換など考えない、ところだと思いますから・・、無理でしょうね。(いまだに「怒」・・)

この記事へのトラックバック