築地・佃島ウォーク  -543-

久しぶりの都内ウォーキングです、この辺りを歩くのは初めてです。

いつもは、行き当たりばったりですが、今回はガイドブック片手で歩きました。
スタートは地下鉄「新富町」、そこから5分の築地本願寺です。この本堂・・珍しい建物ですね、内部にはパイプオルガンがありました。
画像

境内にある赤穂浪士「間新六(当時24歳)」の供養塔です。当然、墓は泉岳寺にありますが、どうしてこの寺に・・、諸説あるようです。
一説では、討ち入りの後、泉岳寺に向う途中で、「お金を結びつけた槍をこの寺に投げ込んで供養を頼んだ」・・というのがあります。
間新六は、父・兄とともに討ち入りました、赤穂浪士は、このように親族で討ち入ったケースが多いです。
画像

近くの聖路加看護大学の脇に「浅野内匠頭邸跡」の碑があります。赤穂藩邸上屋敷があったようです。
画像

この辺りには、その他にもいろいろな碑があります。これは「慶應義塾開塾の碑」、「勉強せよ」というように、本がのっかかっているところが、実にいいではありませんか。
浅野家取り潰しのあと、その一部が、中津藩奥平家の中屋敷になったようで、中津藩士だった福沢諭吉が、この地で、蘭学塾を開いたようです。同じように藩医だった前野了沢が、ここで「解体新書」をまとめたそうです、その碑もありますよ。
画像

聖路加国際病院です、以前、日野原先生の講演を聴いたことがありますが、本当に楽しく痛快な講演でした。
画像

スグ近くが隅田川テラスです。対岸が佃島ですが、ぐるりと高層マンションに取り囲まれていますね。
画像

「ゆりかもめ」でしょうか・・。
画像

隅田川の遊覧船。別の船には、「ワンちゃんも OK」とありました。
画像

鉄砲洲稲荷神社、ここも、ビルに取り囲まれています。
画像

境内には、「富士塚」があります。この上に立つと、富士山に登ったと同じご利益があるそうです。江戸時代の「庶民の富士山」ですね。
画像

中央大橋を渡り、佃島エリアへ、これは「石川島灯台(常夜灯)」を復元したもの、・・その実態は何と・・トイレでした。
画像

この春に終了した、NHK朝ドラ「瞳」によく出てきた「住吉神社」、瞳のお父さんが左側の家から、出てきそうです。
画像

正体不明、謎の浮世絵絵師・・の終焉地ですか ?
画像

ここの鳥居の扁額は、珍しい「陶製」だそうです、揮毫されたのは、篤姫で注目の、あのタルヒト親王とか・・。
画像

マンションに取り囲まれて、やや寂しい感じもしますが、周辺はいい雰囲気の場所です。
画像

「佃の渡し」は有名ですね、佃大橋の完成で廃止になったとのこと。
画像

朝ドラ「瞳」をご覧になった方はお分かりですが、ここの祭で使う柱は、この場所の水の中に埋められています。松は油を含んでおり、腐ってしまうことはないそうです。
今回ウォーキングの、一番の目的は、この場所を見ることでした・・。
画像

地下鉄「月島」に着きました。ガイドブックでは、ここが終点です。ここまで7900歩、これではウォーキングになりませんので、更に歩くことにしました。
月島西仲通り↓、佃小橋で雑談した方の話では、昔は色々な店があり楽しい商店街だったそうですが、今や「もんじゃ通り」の別名があるように、沢山の「もんじゃ焼き」の店が・・。
画像

右折し晴海通りへ、勝鬨橋を過ぎ、スタートの築地本願寺の横を通り、銀座へ。
歌舞伎座、何となく正月が近づいている雰囲気でした。
画像

昭和通りのJパワーのビル、屋上に大きなアンテナがあります。昔、ここを見学したことがあります。全国の発電所の状況が一目で分る巨大なディスプレイがありました。NTTの通信回線が途絶した時でも、屋上のアンテナで、独自に通信出来るそうです。
画像

銀座は、いつも沢山の人です。
画像

全国一、地価の高いのが、この場所です。ところで、この店、何の店でしたっけ・・。
画像

この店、最近よくテレビに出てきますね、行列はなかったですが、中は沢山の人がいるみたいでした。
画像

新橋駅を通り過ぎて、地下鉄・内幸町まで歩きました。
休憩を除き、2時間30分、13300歩でした。

前半は、ガイドブックを見ながら歩きました。効率的に回れるのですが、何か記事を、なぞって歩いているようで、少々、面白くなかったです。やはりポイントの場所だけを決めて、あとは適当に歩くのが・・私には合っているかもしれません・・。

「朝ドラ・瞳」が放送されている時は、多分、ヒトが多いので、この時期に出かけました、それなりに、いいウォークでした。
今の「朝ドラ・だんだん」・・、これはダメですね。松江と京都が舞台で、期待していましたが、あんなふうに「イイカゲン」なドラマを作ってはいけません・・、観るのをやめました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月06日 08:43
私も昨日は八丁堀界隈に行きました。
(2度目の勤め先近辺のクリニックとデンティストに未だに通っているんです)都心にも昔を偲ばせるところが随所にあり、小春日和に散策するのは楽しみなものです。戦前の銅葺き屋根の家に出くわしたり、昔の芝居小屋の跡など発見があります。
中央区は随所に公衆トイレがあるのも助かります。
昨日はデジカメの電池を入れ忘れて、写真を撮れませんでした。
2008年12月06日 13:56
人生ゆっくりさん、こんにちは。
佃、月島、一度も行ったことのないエリアです。一度は訪れてみたいです。普通に歩いても面白そうなところですが、人生ゆっくりさんのように歴史の知識があるとなお楽しめそうですね。
ところで、京都を訪れたのでたまに「だんだん」を見ています。ごくたまにしか見ないからか、私が京都と松江にゆかりがないからか、どんなところがいい加減なのか…さっぱりです。島根にも一度は行ってみたいのですが…行きたいところばっかりで ^ ^;
人生ゆっくり
2008年12月06日 14:14
loafer さん
確かに、ブラブラ歩くと、思わぬ出会いがあったりして楽しいです。それにしても、東京には、様々な「碑」が、あちこちにありますね。
どうぞ、お出かけの節は、カメラをお忘れなく・・。

薫の君 さん
「だんだん」は、ストーリーが「ご都合主義」なのと、登場人物の「わがままな性格づけ」に我慢ならなくなりました、趣味の問題ですが・・。
京都は、よくご存知でしょうけど、松江も、とてもいいところですよ、見所も沢山あります。
2008年12月09日 22:59
月島界隈はやはり「もんじゃ焼き」、築地では寿司でしょうか?深川に行ったら「深川どんぶり」アサリが美味しいですね。おや、食べ物ばっかり!
島根県はいいところがたくさんありますね。朝ドラはあまり見ません。朝寝坊なので朝ごはんの支度で忙しい時です。時々歌が入ると聞き耳を立てる程度です。
人生ゆっくり
2008年12月10日 07:05
実は私、「もんじゃ焼き」を食べたことがないのです。最近は、何か一人で、店に入るのが苦手になりまして・・。
「蕎麦屋の一人酒」も興味があるのですけど・・。

この記事へのトラックバック