旅「能登半島」  -547-

私の記念すべき一人旅は「能登」の旅でした。

                   曽々木海岸 ↓
画像

学生時代に入っていた合唱団の演奏旅行は、最終地で解散ということになっていました。その年は福井で、そのまま京都に帰るのも・・、ということで、初めての小旅行を考えました。

一日目は、同期の奴と東尋坊に行ったあと芦原温泉に一泊、次の日、金沢をブラブラした後、富山県高岡市の友人宅に一泊させてもらいました。
そして一人で向った能登・・、旅というものを、どのようにしたらいいのか・・よく分らず、二日間とも観光バスで一周観光をしました。

厳門や関野鼻などの外海の荒々しい景色、逆に九十九湾の静かな風景、総持寺の壮大な伽藍、こんなところに・・と思う・・立派な時国家の建物と庭園、千枚田、名前がいい恋路海岸、輪島の朝市・・、慌しい日程でしたけど、すっかり「旅」の魅力のとりこになってしまいました。
私が「旅」好きになった・・キッカケの旅行でした。

ただ能登で、飛び込みで一泊したホテルが、意外に高い料金で、帰途は「お金」が寂しくなり、京都まで「そば」一杯だけで過ごしました。
市電が動いている間に到着しなければ、駅から、残りの金で、タクシーで行ける所まで行こう・・と覚悟しましたが、何とか、まだ市電が動いている時間に帰れて、ホッとしました。
その後「お金」のことだけは、しっかり考えて「旅」することにしました。

恋路海岸
画像

軍艦島
画像

千枚田
後に荒れてしまったようですが、最近はボランティアの努力もあり、再生していると、ニュースが伝えていました。
画像

総持寺
画像

能登には、その後、ドライブ旅行もしましたが、とても効率的な観光地だと思います。
これほどコンパクトな地域に、このように多様な風景がある場所は、他にはないと思います。
そうそう・・砂浜を快適に走れる「なぎさドライブウェイ」なんていうのもあります。

この記事へのコメント

2008年12月14日 10:05
人生ゆっくりさん、おはようございます。
能登半島は行ったことがありません。金沢には行ったことがありますが…。雰囲気のある地方だと思い、いつかは…と思います。
上の写真、当時のものをスキャンされたのですか?白黒写真がとてもよい感じですね。総持寺の写真など細部まではっきり写っていて感心しました。
人生ゆっくり
2008年12月14日 11:40
能登空港なんていうのも出来ているようですから、是非、お出かけください。
スキャナーは持っておりません、デジカメです。プリンターが壊れたら、「両用タイプ」にするつもりですが、全く故障ナシで・・。

この記事へのトラックバック