歌声喫茶  -601-

最近、地元の施設の公演一覧などをみると、「みんなで歌おう・・」「楽しく歌う・・」とか名づけられた催しが目につきます。

大体、比較的小規模の会場で、チケット代が千円程度のようです。何だろうな・・と思っていました。
新聞に歌声喫茶の記事が載っていて・・、ヒョットして、こういった催しか、と思いました。
画像

この新聞記事にある、京都四条河原町の歌声喫茶には、学生時代、何回か行ったことがあります、正に青春、懐かしいです。
コーヒーかジュースかを注文し、リクエストのあった曲を、皆で、次から次から歌っていく・・というものでした。歌集は「別途料金」でしたが、安価で・・、一ページに一曲がのっている、小さくて可愛らしいものでした。
グループで来ている連中も、全く「おしゃべり」することなどなく、、その小さな歌集を手に、アコーディオンなどに合わせて大きな声で歌っていました。

まことに「健全」を、絵に書いたような・・光景でした。
「しめやかな熱気・・?」とでもいうような雰囲気に満ちていて、何となく、いつも圧倒されるような思いでした。

先日、時々、新聞に折り込まれる「地域紙」に、最近、こんな記事がありました。
画像

やはり地元の、あの催しは・・、歌声喫茶の現代版のような催しなのでしょう。
何となく、少し興味も出てきますけど、やはり、あのムードは、私には合わないのではないか・・と思います・・。

〔おまけ〕
昨日の朝の日の出 ( 5:45 )
実物は、見たことないのですが・・、北海道・野付半島の「四角の太陽」みたいでした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月31日 12:38
朝霞市音楽協会の「歌の集い」もこの種の集まりです。歌の間に楽器や歌の演奏を聴く時間も設けています。このときには地元の演奏家を引っぱってきます。若い人や草笛の名人など珍しい演奏もあります。歌声喫茶のファンも集まります。
人生ゆっくり
2009年03月31日 17:10
当地の集まりも、会場費が、かかるとはいえ、千円の料金は、少し高いな・・、と思っていました。
でも、そちらの催しと同じように、色々な仕掛けがあって、やられているのかも知れませんね・・。

この記事へのトラックバック