いよいよ本番・・  -593-

一年以上、練習してきましたが、今夕が演奏会です。

ヴェルディの「レクイエム」です。
練習期間が一年といっても、月に一回、二回の時期もありましたし、個人的には、当然、欠席したこともありますから、練習回数が多すぎるとは、全く思いませんでした。

何といっても大曲です、この期に及んでも、不安な個所がいくつもあります。先日、オケ合わせをしたのですが、練習時のピアノ伴奏とは、当然ながら雰囲気が全く違い、大いに戸惑いました。

この2週間くらいは、汗をかいて風邪でもひいたらいけないと思い、ウォーキングも控えていました。やっとこの日・・という思いもあります。
自分の中でも、ムードは高まっています、・・この緊張感は、なかなかいいです。

ジタバタしても始まりません、楽しく唱い上げようと思っています。
午後1時が集合時間で、終演予定は8時ですから、長い長い一日になることでしょう。

昨夜の練習の前に、ステージの山台の組み立ての手伝いをしました。なかなか興味深かったです。
150人の合唱団とオーケストラですから、舞台が広げられます。
前の4列の座席が下に沈んでいきます。
画像

座席が収納された後、ステージが上がってきます。
このエリア、ミュージカルなどの時には、オーケストラピットになるところですね。
画像

いよいよ「山台」づくりですが、パズルのようであり、積木のようであり・・。
画像

そして完成・・。
画像

一番後ろは・・かなり高いです。写真を撮りましたが、ピンボケでした、こんな雰囲気で唱います。
画像

昨夜の21:30まで、しっかり練習し、疲れました。
今朝は雨ですが、やがて上がるとのこと、心はウキウキしています・・。

この記事へのコメント

2009年03月14日 07:26
いよいよ本番ですね。楽しみにしています。
2009年03月14日 10:11
人生ゆっくりさん、がんばってくださいね(^^)/
人生ゆっくり
2009年03月14日 10:34
早速、有難うございます。
早めの昼食をとって、もうスグ出かけます。雨・・なかなか止まないですね・・。
2009年03月14日 21:08
いやあー、ど迫力でした。
ヴェルディのレクイエムは勿論初めて聴いたのですが、まるでオペラのようにも聞こえました。
アイーダトランペットのような方も出演していました。
ざっと数えて70名のオーケストラ、4名のソリスト、108名の女声、58名の男声はもの凄いヴォリュームですね。
ソロはメゾソプラノが印象に残りました。
練習も大変だったでしょうが、本番もさぞかしお疲れになったことでしょう。
全席自由席とのことで、開館20分前に着きましたが、行列の第一グループの尻尾でした。
余りの行列に定刻の5分前から入場が始まり、2階席の一番前に陣取りました。
人生ゆっくりさんもよく見えたし、Aさん、Hさんの姿も確認できました。
B2のSさんの奥さんが出演されているので、Sさんも2階席におられました。
あれだけの大人数だと、一緒に打ち上げも出来なませんから、自宅で乾杯でしょうか。
人生ゆっくり
2009年03月14日 23:01
ありがとうございます。
この曲、唱うのもいいですけど、客席で聴くのも・・いいでしょうね・・。
知り合いが少ないので、ホール上での「打ち上げ」には、参加せず、橋本で個人的な打ち上げをして、先ほど帰ったところです。
そうですね、おっしゃるように・・本当に疲れました。

この記事へのトラックバック