木五倍子 '09  -602-

この漢字も、何となくスゴイです、それなりの由来があるのでしょうね。
画像

キブシは、この時期、城山湖への道脇で沢山咲いています。これが咲きますと、桜とともに、春の到来を感じます。
それにしても面白い花ですね。
画像

城山湖までスグのところにも、沢山あります。この辺りにも桜がありますが、山の上ですから、まだ一分咲き程度です。昨日です。
画像

でも、桜はスグに満開になることでしょう。
画像

この時期、木々などの新芽を愛でるのも楽しいです。
画像

画像

画像

帰りは、金毘羅ハイキングコースを下りましたが、「かたくりの里」から来られたらしいハイカーが多かったです。この道で、30人くらいの団体に会ったのは初めてでした。
写真中央辺りの山が、「城山かたくりの里」です。平日ですけど、左の駐車場にはクルマが沢山です。
画像

ものの本には、こんな文句が・・。
「昔は杖や楊枝の材で、髄を燈芯の代用品とした」

  谷かけて 木五倍子の花の 擦れ(カスレ)咲  飯島晴子
  そろそろと かついつせいに 花きぶし     駒志津子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年04月01日 14:15
キブシてこんな字を書くのですか?
びっくりです。!!
人生ゆっくり
2009年04月01日 17:04
そうらしいですよ・・、いろいろな漢字がありますが、この字も・・なかなかですね。

この記事へのトラックバック