私の散歩道(9) 津久井城址  -630-

「散歩道」というには、ややハードですけど・・。

津久井湖の城山ダムから見上げる「城山の大杉」です。とりあえず、この地に向って登ります。下から見上げてもなかなかの存在感です。
画像

大杉に到着、樹齢900年とか。
画像

津久井城址である城山については、過去に何度も記事にしています。
実は、山頂(本城曲輪クルワ)で、「かながわ考古学財団」による、遺跡発掘調査が行われているのです。先日、現地説明会があったのですが、行けなかったので、ともかく行ってみようと思った次第・・。

そこからの展望も、なかなか気持ちがいいです。後に根小屋エリアからの写真を載せていますが、ホボ同じ方角です。比べてご覧になると、この山の高さを感じていただけると思います。
画像

遺跡発掘調査が継続されていました。土をかいたり、根を切ったり・・大変な作業ですね・・。
画像

画像

棒のようなものを持っている人がいますが、先端にカメラが設置されていて、べつの人が遠隔操作で撮影しているようです。真上からの写真なのでしょう。
画像

画像

右のものは瓦でしょうか、模様が入っています。
画像

城といっても、多分、砦のようなものだったでしょうから、もの凄い遺跡が発掘されるというようなものでは、ないようです。でも、中世の山城の様子を残していて、貴重だと聞きました。

県立公園・根小屋エリアに下りました、丹沢を遠望する、ゆったりとした景色が、本当にいい場所です。
左手は雨乞山、右手は南山、この山の向こうに宮ヶ瀬湖があります。その間には霞んでハッキリ見えませんが、仏果山、高取山、大山などが見えます。
この写真の右の方には、丹沢山塊の山々が連なっています。

下の空間は「お屋敷跡」で、ここも以前、発掘調査が行われました。
園児の賑やかな声を聞くと、ツワモノどもが夢・・。
画像

ゆったりと、ムスビを「つまみ」に缶ビールを飲んだあと、再度少し上り、小倉方面への道をたどることにしました、ズッと、私の大好きな、木漏れ日の道でした。
画像

キレイな蝶もいました。
画像

一ヶ所だけ、こんなハシゴがあります、でも平坦で歩き易い道です。何度か、この道を歩いていますが、一度もヒトに出会ったことがありません。
画像

この木道に出れば終点です。
その辺りに、圏央道の城山インターが造られます。
画像

少し歩いてからの、新小倉橋の写真です。
正面が城山の全景です。右の麓(県立公園・花の苑地)から、中央の「大杉」に向って登り、山頂に立ち寄った後、向こう側の県立公園・根小屋エリアに下り、左側をグルッと回って、こちらに帰ってきました。
画像

自宅発着ですから「散歩道」としました、距離的には、大したことはないですが、高低差があり、しかも暑い日でしたので・・少し疲れました。
休憩を除き、2H40M、15200歩でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック