映画「アマルフィ」  -659-

画像

「アマルフィ」とは、イタリアの美しい町です、柔らかな言葉の感じが、いいですね。

この映画は、日本映画ですが、何と、全編イタリアロケを行ったそうです。有名な場所が次々と画面に登場します、そしてアマルフィ・・何とも魅惑的な町です・・。

「かっぱらい」「スリ」「ナンパ」シーンが出てきます、有名ですからね・・。
日本人観光客が激減しているということで、イタリア政府が対策に乗り出したそうです。昨日の新聞には観光相の発言の記事がでていました・・「有名レストランで、法外なランチ料金を『ぼったくられた』日本人観光客2人を、イタリアに無料招待するので申し出て欲しい・・」

それは、ともかく、この映画です。

主演・織田裕二です、何となく「アマイ」イメージがつきまとっていますが、一所懸命に演技する姿は・・、私は好きです。
この映画では、一度も笑いません、人生これで面白いのかな、などとつまらぬことを思ってしまいますけど・・。

外交官ですが、世界をフィールドとする、治安とかテロとかのスペッシャリストみたいですね。上司は中井貴一ですが、声だけの出演です。この人、こういう出演、なにかの映画でもありましたね・・。

テロの情報があり、外相会議が開催されるイタリアに入ります。ところが日本人少女の誘拐事件に遭遇してしまいます。外相会議が気になりますが、誘拐事件にかかりっきり状態になってしまいます。

やがて、この誘拐事件・・、何かがおかしい、と感じるようになります・・。

この映画も、これ以上ストーリーは書けませんね・・、更に興味がありましたら公式サイトをご覧ください。
眠くなるところは、全くありませんでした、やや破天荒のところもありますが、面白かったですよ。

原作は真保裕一だそうです、正に、彼のつくりそうなストーリーでしたね。

サラ・ブライトマンが、あでやかなドレス姿で、圧倒的な歌声を響かせます。いいですね、この人・・。

画像

この記事へのコメント

薫の君
2009年07月25日 20:21
人生ゆっくりさん、こんばんは。
観光王国イタリアも観光客の激減を憂慮しているのですね!一度しか行ったことがありませんが、名所旧跡や文化遺産だらけというイメージでした。
真保裕一と言えば「ホワイトアウト」が彼の作品でしたか…主演はやはり織田裕二だったような。
日本映画の海外撮影ってちょっと二の足を踏む感じなのですが、サラ・ブライトマンが好きなので、観てみてもいいかな…と思案中です(^-^)
人生ゆっくり
2009年07月25日 20:53
私は海外は・・基本的に苦手で、当然、イタリアには行ったことがありません。
でも、やはりイタリアは魅力的なので、ツアーに申し込んだのですが・・、出発、数週間前に母が亡くなりまして、・・いつか行ってみたいです。
2009年07月27日 16:27
私はこの映画を、アマルフィーの景色を見るためにだけでも、レディースデイにみたいです。
5年前、アマルフィーのポジターノという海岸に張り付くような古い町並をみました。絵のようなすばらしさに言葉を失いました。
イタリアツアーがお母さまのことと重なったんですね。もし事情が許すなら、お勧めです。でも、雨の後などはイタリアの事情もあり、場所が変わることもあるようです。北は1回、南は3回行きました。エネルギーの多くを旅行に注いできました。

人生ゆっくり
2009年07月27日 16:53
実際に行かれたことがあるのですか・・、「笑っていいとも」に天海祐希が出ていて、「1/100」の質問で「アマルフィに行ったことがある人」と出題しようと迷っていましたけど・・。
今「ローマ人の物語」をユッタリ読んでいるのですが、あんな昔からの、あの国です、魅力ある国ですね。ただ、長時間のフライトは苦手で・・。

この記事へのトラックバック