天狗  -725-

「天狗の姿」は、見慣れていますので、それほど・・とは思いませんが、じっくり見ると、奇怪な形相ですね。

近くの「飯綱権現」に奉納されているものです。
画像

ここの寺は、高尾山薬王院の末社ですから、こういうものがあるのでしょうが、本山たる高尾山には、あちらこちらに鎮座されています。
画像

いったい「天狗」とは何で、どうして高尾山に、沢山おいでになるのでしょうね。
最近、こんな小冊子を入手しました。
画像

高尾山の天狗は、飯綱大権現の随身として、「除災開運、災厄消除、招福万来など、衆生救済の利益を施す役割」を担っておられるそうです。

ところで、高尾山の本尊は飯綱大権現です。
誰もが拝観できる本尊ではありませんが、私は、一度だけ、暗いところでお目にかかり、感激いたしました。
本尊というと、やわらかで、たおやかな・・表情をされているとばかり思っていましたが、この本尊は・・少し恐かったです。

今年の秋も、そろそろ終盤戦です・・、私は、今年の高尾山のモミジを見ることは出来ませんでした。まだ12月の初めですから、もうしばらくは、沢山の方が、高尾山には、訪れられることでしょう・・。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年12月18日 13:50
高尾山の薬王院、赤天狗、青天狗の面は迫力ありますね。
人生ゆっくり
2009年12月18日 16:01
夜、ムササビを見に上る人もあるようですが・・、対面すると、恐いでしょうね・・。

この記事へのトラックバック