妙心寺の法要  -797-

旅先で、思いがけない情景に出くわすと、「ハッピー」な気持ちになります。
先日、京都・妙心寺に行った時、何かの法要が営まれていました。

塔頭・退蔵院の受付の方に聞いたところ、めったに見れない法要とのことでした。ちなみに管長さんは、最近、就任されたとのことでした。
画像

法堂です、普段は締め切られています。
この日は、外から中が覗えます、天井の狩野探幽の竜もタダで拝見しました。
画像

40以上ある塔頭のお坊さんが、全員集まっての法要だそうでした。

管長さんの、ご入堂・・。
画像

背中のほうからもパチリ・・。
写真など撮ってもいいかとも思いましたが、フラッシュは使いませんし、マァいいかとも・・。
お寺のカメラマンも写真を撮っていました、お寺のカメラマンが撮影・・ということは、やはり珍しい法要・・ということだったのでしょうか。
画像

妙心寺境内を、ぐるりと巡って、帰ってみますと、法堂の隣の仏殿に、皆さん移動されていました。
法堂の扉は、この時点で、全て閉じられていました。

「声明」でしょうね、体格のいいお坊さんが音頭をとられて、皆さんで合唱されていました。ナマのものは、初めて聴きました。
画像

堂内をグルグルと行進もされていました。履かれている靴は、中国風のようでもあり・・。
じっくりと逐一、拝見したかったのですが、当方、観光旅行ですから・・そうはまいりません。
画像

この竹・・何だと思われますか・・。
上履きをこの竹に引っ掛けて歩いておられました、それなりの名前があるのでしょうけども・・。
この写真、テレビのクイズ番組に使えると思われませんか・・。
画像

鐘楼の鐘が打たれ、堂内の太鼓や銅鑼のようなものが鳴り、楽しかった(?)です。
儀典長のような進行役のお坊さんがおられ、ポイントのところで、指示されていました。普段、行われている法要ではないからでしょうね・・、ともかく興味深かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック