鳥取県 ふれあいパーティー  -798-

画像

上記のパーティーには、何かと思い出があり、ズッと前に「ブログ記事」の原稿として書いていました。
先日、赤坂プリンスが閉館するという報道を聞き、このパーティーの会場が、ここでしたので・・、ご披露する時期かとも・・。

このホテルは都心ということもあり、政治関係や芸能関係などで、よくニュースに登場しましたが、私が実際に訪れたのは、このパーティーの時の一回だけです。

そのパーティーは、私が参加したものの中では、最大級のパーティーでした。
随分と「昔」の出来事ですけど・・。

司会は、いずれも県出身の司葉子と小野やすし、出席者名簿を見ると、元横綱・琴桜(当時ご存命)ほか、(以下、故人も多いですが・・)・・植田正治、水木しげる、山下佐知子、高木東六、石本美由起、中田喜直、湯山昭、友竹正則、山田洋次、松本英彦、湯川礼子、岸田純之助、渡辺誠毅、こんな人の名前も・・安住淳(NHK政治部)、多士済々・・。

何らかの接点で、鳥取県に係わりのある人たちが出席されていたようです。

会場をぐるりと取り囲んでいるのは、地元「じげ料理」満載の出店、酒は、県内、全酒造メーカー・・の大吟醸・・。
なな・・、何だ、というパーティーでしたね。
当然に、食べ放題飲み放題・・。

県内の市町村長が出席されていたようです・・、何か、その人たちで固まっておられ、やや「場」に圧倒されている感じがあって・・、微笑ましく思いました。
わが故里の町長さんの名前を見つけて、少しお話ししました、小さい町ですから、親父の名前は知っておられました。

そんなこともあって、私のブログのアドレスに「nichinan」という町名を使いました。〔閑話休題〕

鳥取県の人口は、全国最少で・・、今住んでいる相模原市一市よりも少ないのですが、「地域の魅力」という点では、断然に鳥取県のほうが・・。

近年、「県としての知名度」がグンと上がったのは、前知事の片山さんの功績でしょう。今も全国区で、ご活躍です。

このパーティーの出席者名簿の最後に、「鳥取県総務部長」として、この方の名前がありました。自治省から出向されていたようですね・・、なるほど、なるほど・・。
このパーティーも、片山が仕掛けられたものだったのでしょう・・。

若かった頃、会社の上司から、言われたことがあります。
「やると決断したならケチケチせずに、思い切ってやれ・・、中途半端なやり方だと、結果は、それに応じた中途半端なものにしかならない・・。」

どうして、こんなパーティーに、私が招待されたのか、よく分かりませんでした。
名簿をめくっていて・・、そういうことだったのか・・と理解しました。

招待者は、県出身の有名人や団体・官庁・会社の幹部の方、県に関係する様々な分野で関係のある著名人、その他の「会社関係者」は、大手企業で、工場進出が期待できる(・・かもしれない)部門に所属している県出身者・・のようでした。
(私はタマタマ、その時期、そういったことを担当する部門に在籍していました)

なるほどね・・、と思いました、アイディアマンたる片山さんの面目躍如・・といった「出席メンバー選出」ということだったのでしょう。

あんなパーティーに、これから招待されることがあったら、3日くらい絶食してから参加します。心置きなく食べ・飲みます、大吟醸ですから、悪酔いすることもないでしょうし・・。

でも、自治体は財政逼迫・・、これから、このようなパーティーが開催されることは・・多分ないでしょうね。

上の写真は、その時のお土産です、弓浜半島の「浜絣」だと思います、このパーティーのために作られたものでしょう。郷土芸能の「傘踊り」がデザインされています。

この記事へのコメント

2010年05月08日 19:49
因幡の傘踊りは有名ですね。雨乞いに由来すると聞いたことがあります。
「鳥取しゃんしゃん傘踊り」という切手を見ただけなので、実際の伝統芸能をぜひ見たいものです。
人生ゆっくり
2010年05月08日 22:48
「傘踊り」をご存知ですか・・、本当にキリリとした格調の高い踊りです。もっとも、私が実物の踊りをみたのは、「熊本」での全国民俗芸能フェスティバルの時でしたけど・・。
「しゃんしゃん踊り」は、市内を練り歩く、阿波踊りのような祭りのようです。
是非、本物を、一度ご覧くださいね・・。

この記事へのトラックバック