男女平等度・・?  -836-

少し前に書いた記事【荻野吟子さん】にも載せた・・この「新聞のランキング」、これは面白いですね・・。

どのような評価基準でもって、こんなランク付けをしたのか、全く分らないのですが・・、こんな項目にターゲットを定めた「視点」が面白いと思いました。
画像

東北大学の研究室がまとめたものだそうですから、そうそうイイカゲンなものではないでしょう。

埼玉県が最下位です。「都内に通勤する人が多く、朝早く自宅を出て遅い時間の帰宅・・、結果的に家庭を顧みない人が多い」ことが一つの要因とか。同様のサラリーマンが多い、わが神奈川県も下位ですから・・何となく頷いてしまいます。
そういうことを、意識的に無視しなければいけない時期が、私にもあったような・・。

でも同じように下位の、宮崎県や鹿児島県の人が通勤時間が長いわけありませんから、それほど大きな要素ではないのでしょう。
要するに「???」が多い、何とも理解が難しい、不思議なランキングです。

わが郷土・鳥取県がトップです・・。
その理由も、よく分りませんが、何にしろ「トップ」ですからね・・いいですね。

鳥取とか長野とかいうと「教育県」として有名(?)ですので、そういう要素が加味された・・?、でも、少し雰囲気が違う沖縄が6位ですから、それも関係なさそうです。

鹿児島などの九州は、何となく男性優位の印象ですから、その順位には、何となく頷けます。古い和歌山や千葉も、そういえば、そんなイメージでしょうか・・。

この記事に、ある識者のコメントが載っていました。曰く・・

埼玉県は、そこそこ裕福な人が多く、「オレが食わせてやっている・・」などというところがある。
一方、トップの鳥取県は給与水準が低くて、しかも「引っ込み思案」(それは・・私もそうです・・)の男性が多く、それを元気な女性がカバーしている。

鳥取県人の「給与水準」は低いかもしれませんが、皆さん、私の家より遥かに大きな家に住み、結構、文化的な生活を享受されていますけどね・・。

鳥取県には確かに、しっかりした女性が多いかもしれません・・、それは同意します。でも頑張る女性が、他県を凌駕して多いか・・というと・・分りませんね。

みればみるほど、本当に「???」なランキングです。
ワインを飲みながら、このランキングを眺めていますと・・悪酔いしそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年08月06日 08:00
暑い毎日でしょうね。ご自愛下さい。
札幌も35度の予報で、10年ぶりの猛暑日だそうです。
同じ新聞かと思いますが、この記事を見逃してしまったようです・・・
新説か珍説ですが・・・北海道は離婚率ナンバー1です。(でした?)理由は、しがらみがないので離婚しやすいと言われていました。その前の、離婚にいたる理由は男女不平等度にあったのではないかとこの記事を読ませていただき、思えてきました。広い土地柄か、女性も含めおおざっぱです。若~いころ東京へ行ったときに、男性の言葉遣いが優しいので驚きました。もしかしたら、文化度とも関係がありそうですね・・・?

人生ゆっくり
2010年08月07日 05:28
いろんな指標を定め、合計したら、このようなランキングになったということでしょうね。
各指標毎のランキングのほうが面白いかもしれません。
昔、同僚に北海道出身者が何人かいましたが、それぞれ温厚で、とても離婚するような雰囲気では、ありませんでした・・。

この記事へのトラックバック