新春の怪  -915-

いやいや正月早々驚きました。
地球の裏側で投函された絵葉書が、一年かかって我が家に到着したのです。

一年前、娘が南極あたりでアルバイトしていて、メールで送られた写真を以前、紹介したことがあります。
  「南極の写真です -783-」 (クリック)

そのアルバイトが終わる頃、南極近くのどこかで投函したようです。消印は昨年の2月28日、私の住所宛に、親戚の連中宛の絵葉書を何枚も出したようです。
その絵葉書が、1月3日から一週間にわたって次々に到着したのです。

何故、一年もかかったのでしょう・・。
世界をさまよっていた・・。
世界のどこかの地の箱の下に眠っていた・・。
だとしたら、
どうして気づかれたか、それはどこでだろう・・。

などと、いろいろ考えると、なかなか愉快です。

ただ、宛先にある親戚の二人が、この一年間の間に鬼籍に入ってしまいました、この絵葉書を見せてやりたかったですね残念です。

絵葉書の写真です。
こういうところに載せるのは、本当はマズイのでしょうけども、ナイショで・・
画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

ぴあの
2011年01月15日 22:31
本当に どこをさ迷っていたのでしょうね~
こうなると、届くっていうのもまた不思議。
インターネットの時代、世界は広いのか狭いのか・・
いろんな国があるのですね!
人生ゆっくり
2011年01月15日 23:37
そうなんです、一年も経って届くのが・・実に不思議です。どこかの、誰かが、かなりの「怠慢」をしてたのでしょうね。
国内での郵便なら、新聞ダネにもなるでしょうが、南極からだと・・笑ってしまいます。

この記事へのトラックバック