イベント中止  -959-

例年だと、春に、近辺で行われる様々なイベントが、中止になったようです。

それらが発表された時、「計画停電」が実施されていましたので、「夜間ライトアップ」などは自粛して当然だと思いましたけども、何故に、このイベントまでも・・と思いました。
画像

今回は未曾有の震災です、当市にも避難されている方がおられるようですから、ドンチャン騒ぎなどは・・慎むべきでしょう。
でもですね・・。

東北の酒造メーカーの方から・・「花見を楽しんでいただくことが、私たちへの支援になります」というアッピールがありました。
東北の酒を飲み、東北やら茨城の肉・野菜を「鉄板焼き」にするのは支援になりますね。

相模川の川面を横切る、何本ものロープにつけられた鯉のぼりの姿は、今や、この地の5月の風物詩となっています。電力など使わないこの行事が、何故に中止になるのでしょうか・・。
また近所のお年寄り達が、一年間面倒をみてこられた「相模川の芝桜」のイベントまでも・・、全く分かりません。

「とりあえず世の中の動きが、そうだから・・、とりあえず今年は止めておこう・・」という、安易な考えが透けて見えて、何かイヤですね。
こんな時なのだから、少しでも、元気になったら・・と思うのですけども。

「事なかれ主義」には・・「喝」と言いたいです。

この記事へのコメント

2011年04月17日 18:08
ブログの友だちはほとんどが積極派ですね。桜前線と同様に歌前線も届けたいものです。東北の合唱の復活を祈ります。
2011年04月18日 11:40
昨日は川崎ハーモニカ祭が中原であり、私も参加してきました。どんちゃん騒ぎをするのは如何かと思いますが、余りに萎縮するのはどうかと思います。
東北の産品を購入することも復興支援ですね。
ぴあの
2011年04月18日 22:04
NY紙「日本は自粛という強迫観念にとらわれている」云々の記事 そのままですね!
それに伴う経済がどれだけマイナスに向かうか よく考えないと。
少なくとも東日本以外は普通の生活をするのが一番かと思います。
人生ゆっくり
2011年04月19日 09:57
震災直後、津波の様子を見た時は、正直、何をする気にもなりませんでした。
でも、いつまでもそれではいけないでしょうね。
支援物資のビールなどを飲み、楽しそうに語らっておられる被災地の方の映像もありました。何事も一律で考えてはいけないと思います。

この記事へのトラックバック