ソーラー☆電卓  -994-

画像

この電卓、かなり昔に買ったソーラー電卓ですが、今もって重宝しています。

店頭に置いてあり、かなり安かったと思います、難しい機能は全くついていません。
でも理系の方が使われるならともかく、加減乗除の世界の私などにとっては、これで十分でした。

電卓というと、昔の思い出としては「カシオミニ」があります。
6桁の数値計算をする電卓でした。この6桁というのは、製品化するにあたって、費用対効果比の観点から、いろいろな議論があったそうですが、一般家庭では6桁で十分だろうとして、決定されたそうです。

そのコンセプトは・・正解だったと思います、この電卓は爆発的に売れました。
実は私も現物をみたことがあります。
ある時、父が買ってきました。「新しいもの好き」の父でしたので、それは特段、驚くことではなかったです。
ただ、その電卓の機能にはビックリしました、即座に計算値が表示されるのですからね・・、魔法ではないかと思いました。

その後の電卓の長足の進歩は、皆さんご存知の通りです。凄まじい企業間競争がありましたが、結局、シャープとカシオだけが生き残りました。
当時の電卓戦争は、多分いまでも、経営大学院のケーススタディーでの事例研究テーマになっていることでしょう。

写真の電卓は「ソーラー」です、電灯下でも使えて、今も完全に機能しています。
かって「日本のソーラー技術」は世界一だといわれました。ところが、ある時期、政府は突如、屋根の上に載せる「ソーラーパネル」設置への補助を打ち切りました。

原発ほかの発電手段と比較して、果たして「効果的なのか・・」としての判断だったのでしょう。本当のところは、その原発業界を彷徨っていた魑魅魍魎の人たちの力による横槍だったのかもしれません。

それ以降の停滞がなければ、日本のソーラーは世界を席巻していたかもしれません。原発事故で苦境に陥っている日本の電力事情をみるにつけ、残念でたまりません。

電卓開発にあたっての超精密な技術、そして実用化へのあくなき努力、「技術立国・日本」は、どこかにいってしまったのでしょうか。
日本で「世界一」のスーパーコンピューターが開発されたとの報道がありました。最近の嬉しいニュースの一つでした。
資源のない日本が、世界に伍していくには、どのような方法があるのか・・もう一度、考えてみたいところです。

この記事へのコメント

2011年06月26日 09:58
社会人になったとき、ソロバンと計算尺が新入社員全員に支給されました。割り算はソロバンでは無透かしいので、手回しのタイガー計算機というのがありました。
職場に大型卓上の計算機が1台導入されたのは1970年代でした。ほどなく小型の電卓が普及してきました。最初は乾電池が必要でした。海外旅行のお餞別に電卓を頂いた思い出もあります。
今や100円ショップで電卓が手に入りますし、腕時計や携帯電話に計算機能が付加されているのですから、技術進歩は驚異的ですね。

風力発電が機器の故障やメンテの費用が掛かって、ペイしないと今朝の報道でした。
ソーラー発電をもっと国が支援すべきでしょうね。
人生ゆっくり
2011年06月27日 05:51
ソロバン支給の世界は、私も同様ですが、計算尺まで全員ですか・・、何に使われたのでしょうね。そういえば職場でも持っている方がおられましたが・・。
風力発電の記事は、私も読みました、難しいところですね、売電には、絶対に政府の関与が必要だと思います。
From Canada
2011年06月27日 11:54
若干ずれますが、こっちの携帯で重宝しているのが
チップ計算機能(笑)
勝手に確か15%で計算してくれる^^;
私はサービスの質によって10%から17%くらいを
うろうろするので、
結局自分で計算するけど、目安になります。
人生ゆっくり
2011年06月28日 04:59
チップは・・どうも煩わしくて・・。
「サービスの質」により上下するシステムは、その妥当性を感じますけどね・・。

この記事へのトラックバック