朝ドラ 「てっぱん」  -984-

現在の「おひさま」も、なかなかいいドラマだと思います。
ただ物語に戦争を挟みますと、俄然ドラマチックになりますから、その点を、少し差し引いた評価にする必要があると思いますが・・。

先日、「朝の連続テレビ小説 放映50年」の記念番組がありました。いくつか今後の記事ネタにしたいと思います、お楽しみに・・??

その前に、前回の「てっぱん」の記事を書きたいです。このドラマは楽しかったですし、一度しか訪ねたことがないのに妙に尾道が懐かしくて・・。
画像

主役は、何と「鳥取県出身」とのこと。人口最少県出身の、私の「ヒガミ」なのか、はたまた「ホコリ」なのか、「鳥取県」の文字をみますと・・ギリギリッと頭に刻み込まれます。
画像

このドラマでは「てっぱんダンス」というのも話題になりました。確かに、沢山の人が一所懸命に踊っている姿は・・なかなかのものでした。
画像

最終回に、千光寺公園への途中から市内を俯瞰するシーンがありました。
画像

全国各地を旅しましたが、直下に町並みがあり、狭い瀬戸内海の水道を挟んで・・島々があり・・、こんな風景は、他ではみたことがありませんでした。
別のテレビ番組でも放映されましたが、それほど話題になる印象深い場所ということなのでしょう。
ちなみに私、この番組が大好きです。
画像

今もあるのかどうか知りませんが、当時、山の上にYH(ユースホステル)がありました。ペアレンツは、少し遠慮されつつ 「一万ドルの夜景」と紹介されました。
確かに「百万ドル」の夜景ではなく色彩にも乏しかったのですが、今も、妙に印象に残っています。

一度しか行ってないのに、どうしてこんなに印象深い町として記憶に残っているのか・・と思っていたのですが、このYHに2泊していました。このように小さい町で2泊したことは少ないです。
「七尾公園」の2泊のスタンプがありますが、その時は津和野に通いました、あそこもいいですよね。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック