故郷の大山  -985-

このところ「故郷」の記事を書いていないことに、気づきました。

故郷の記事で困った時は(別に困ることもないのですが・・)、大山(ダイセン)です。前にも何度か書いていますけど。
1年前の帰省のおり、米子自動車道から撮った大山↓です、見目麗しいほどの美しい姿ではありませんか、米子からみた大山は「伯耆富士」と呼ばれます。
島根県から見ると、「出雲富士」になるそうですが・・。
画像

この山の興味深いところは、見る位置によって、その姿が大きく変わることです。
更に米子道を走り、左のほうに(「名和長年」由縁の)船上山が見えてくると、また少しだけ雰囲気が変わります。
画像

でも雰囲気が変わる・・という意味では、やはり反対側の景色ですね。
画像

ここまで表情が変わる山は、そんなにないことでしょう。
それにしても、この景色、スゴイでしょう・・、谷川岳の「一の倉沢」に匹敵する景観だと思います。

蒜山SA、上り車線のSAから撮った写真です。
右のトンガッタ山は、いくつかある蒜山の峰の一つでしょう。
画像

おまけ・・、下り車線のSAからの写真、これはズームしてないと思います。
画像

本当に、いい山です。

この記事へのコメント

かおたいまきしん
2011年06月09日 06:52
大山に随分思い入れがあるのですね。ふるさとの山はありがたきかな…。
人生ゆっくり
2011年06月09日 09:06
県東部では砂丘でしょうが、西部は、やはりこの山です。高校時のキャンプも楽しかったですし・・。
2011年06月09日 12:28
日本百名山のひとつだそうですが、米子に住んでいたのは就学前から1年生の2学期まででしたので、残念ながら登ったことはありません。
標高1,729mだと3,4時間は登りにかかるのでしょうね。
人生ゆっくり
2011年06月09日 15:30
実は、私は登山したのは一回しかありません。高校のキャンプの時でしたが、登山は本当に苦しかったです、なので、その後は・・。
ただ山頂での日の出は・・素晴らしかったです。その後、今は禁止されている縦走路を歩き、同じく禁止されている「砂スベリ」を下り、登った後は・・楽しかったです。
2011年06月09日 18:32
大山登山は若いころに何度か登りました
時間は2時間30分ぐらいかかります
今は危険なので禁止になりましたが
正面登山もしましたが 急斜面なので
きつかったのを覚えています
孫達とキャンプをしたり 会社の寮
に泊って 仲秋の月を眺めたり
思い出がいっぱいの山です

ぴあの
2011年06月09日 21:20
若かりし頃 私も大山に登りました。
近くに烏ヶ山があるのをご存知ですか?
懐かしい思い出の山です。
人生ゆっくり
2011年06月10日 06:03
まさら さん  ぴあの さん
高校生の時は「体力不足」で疲れました、むしろ今のほうが自信があります。
実家周辺の山の頂からも大山が遠望できますが、ただ山の形は、ズングリとしていて、あまりカッコよくありません・・。

この記事へのトラックバック