高尾山ビアマウント  -1009

高尾山は「私の庭」みたいなものですが、このビアガーデンには、一度も行ったことがありませんでした。
画像

ケーブルに乗って現地に到着したのは17時半頃だったでしょうか。驚くことに100人くらいの入場待ちの列、会場は満席とのことです。
ボツボツと帰られる方もあり、やがて入場できました。
まだ日没前ですので、眼下の景色も、よく見えます。東京都八王子市方面です。
画像

左では圏央道八王子南インターが建設中。
画像

ズッと右に目を移した場所は、我が相模原市橋本です。
画像

暗くなるほどにアルコールがまわってきて気持ちがよくなってきます。
この場所からの夜景を、初めてみました、キレイでした。八王子市街地方面です。
画像

少しズーム・・。
画像

月曜日の夕方にしての・・行列は少しイヤでしたが、アルコール類は豊富ですし、料理も途切れることなく出ていたようです。
大好きな高尾山だから言うわけではありませんが・・なかなかよかったです。
私は家人に迎えにきてもらい、自宅に9時前に着きました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2011年07月27日 09:04
わざわざ高尾山まで行ってまでビールをと思いましたが、都心での用事を早めに済ませるように変更し、当日朝参加を申し込みました。
こういう機会でもないと、なかなかいけないし、気の合った仲間での会話が弾みました。
雰囲気があってなかなか良かったですね。
爺さんがハモッタら周囲がビックリしたかもしれませんが、内声だけでしたので・・・・。
人生ゆっくり
2011年07月27日 17:07
私も、毎々「わざわざ」・・町田に行っておりますので・・。
夜景は思っていたより近い景色で、なかなかキレイでした。
確かに「遥友」を歌って、騒然としていたのがシーンとなるような場面を想像すると・・感動的です、許可してくれますかね・・。
勘九郎
2011年07月27日 21:28
楽しいひと時を過ごすことができました!
当日は遅れて失礼しました!
いろいろとお話できてよかったです。
またやりましょう!
2011年07月28日 00:09
よろしいですねー!!
見晴らしのよい山の上、夜景をのぞみながらビール!!
よろしいですねー!!

先日、イタリアンのお店で女4人で食事中、隣のテーブル(カップル)にバースデーケーキが運ばれてきましたので、「あら!お誕生日ですか、歌いましょうか?」と、相手の返事もきかず、女4人で♪ハッピバースデートゥーユー・・と合唱しました。なにしろヨッパライ。でも、すごく喜んでいただき、帰りには店主からお礼におみやげまでいただきました。
人生ゆっくりさん達も、ぜひ! そうですね・・・ここはひとつビア樽ポルカでも。
人生ゆっくり
2011年07月28日 04:31
勘九郎 さん
あのくらいの人数が、いろいろ話せていいかもしれませんね。
何かと大変でしょうが、ご自愛ください。

ねこまっく さん
銀座ライオンのミュージックビアホールでも、よく歌われていますね。
居酒屋で隣のグループから誕生日の話が漏れ聞こえてきて、20人位で私たちも歌ったことがあります。但し、私たちは「おみやげ」どころか、スタッフから「注意」を受けました・・。
一福島人
2011年07月28日 12:49
高尾山での合唱「遥友」とは妙案ですが、「TPO」を
弁えないと凶と化す場合も有り要注意ですね。
昨年の”田都祭”後の懇親会時 居酒屋で大合唱
しましたが一般客からクレーム(ブーイング)有り 
矢張り 居酒屋での合唱は鬼門ですね。
あの居酒屋は道路を挟んで反対側のスポーツジムの
真迎えに在り 運動する度に否応無く眼下に店内が
見えますが、当懇親会での入店が最初にして最後に
なりそうです。
人生ゆっくり
2011年07月28日 16:52
お出でになるかと思っていたのですけど・・。
確かに、もう少し広い場所だと、いいかも知れませんが、あそこでは・・と私も思います。
会場を後にして、ケーブル乗り場近くで、夜景をバックに歌ったら、誰も文句は言われないと思いますし、気持ちいいことでしょう・・。
ordri
2011年07月29日 13:09
学生時代の演奏旅行中、宮崎えびの高原の野外ステージで演奏したことがありましたね。
大人数居たにもかかわらず、反響板とかが無いため、全くハモらず、音が周囲に吸い込まれて行くような、
不思議な感覚を味わいました。
人生ゆっくり
2011年07月29日 18:40
あれはホントによく覚えています。
自分の声すら大空に吸い込まれて・・、自分の存在が何か虚しいようにも思えました(オーバーですけど・・)。
でも雰囲気は最高でしたね。

この記事へのトラックバック