辞書  -1018

画像

この写真の辞書・・なかなか風格がありますでしょう・・。

「ここまで使ってくれると、満足じゃ」と言っているようにも思えます。
昔は、何でも大切にしましたね。

私の小学生時代、教科書は、少し前までは下級生に譲るということが行われていたようですが、豊かになってきたせいか、そういうことは少なくなっていたと思います。
教科書無償化が実施された後は、全くなくなったでしょう。

でも教科書は大切に使うものだという意識があり、キレイな包装紙でカバーして使っていました、そうするのが当然だと思っていました。

一年使った後にカバーを外すと、全く新品のような表紙が現れました。今から考えると、表紙をデザインされた方は無念だったかもしれませんね。

世の中が急激に豊かになってきて、「消費は美徳」などという、ややトンチンカンな考えも出てきました。
思うのですが「いろいろなものを大切に出来ない」者が「他人を思いやること」は出来ませんよね・・。

ボロボロになった辞書↑は、我が家の宝だと・・私は密かに・・思っているのですが・・。

この記事へのコメント

2011年08月15日 15:22
ここまで使い込まれた辞書は間違いなく家宝に認定できますね。
私も教科書にカバーを掛けて使いました。
辞書にもカバーを掛けました。勉強嫌いのため、こんなに使い込んでいません(^_^;)そのために中味はきれいです。子供に使わせようとしましたら、英語を話す友達から、「言葉は生き物だから辞書くらい買ってあげなさい」と叱られました。この時初めて言葉が生き物であることを意識しました。
人生ゆっくり
2011年08月15日 17:35
家人の姉妹で引き継がれた辞書のようです。私も、この様子には感心しました。
昔、英単語を覚えたページは食べてしまう・・というような話を聞いたことがありますけどね・・。

この記事へのトラックバック