唐木田・小山田ウォーク  -1102

久しぶりに比較的、長い距離のウォーキングをしました。

京王堀之内~「からきだの道」~「よこやまの道」~都立小山田緑地~大泉寺~鶴見川源流の泉~町田街道
短い休憩を含めて、およそ3時間30分、2万歩のウォークでした。

スタートは京王相模原線の堀之内駅、駅前のサイケデリックな階段は、この駅の名物です。
画像

取りあえずは小田急唐木田駅方向に向って、住宅地の歩道を歩きます。
多摩ニュータウン大通りの「松ヶ谷トンネル」です、左の歩道(散策路)を行きます。
画像

トンネルの上部を過ぎると、多摩センター駅方向の視界がひらけます。中央のビルは、ベネッセの多摩本社ビルです、最上階にはプラネタリウムがあります。
一般公開している施設ですが、社員は勤務時間中に、星を見ながら「プランを練る」ことをしてもいいそうです。いいですね、こんな会社・・。
画像

駅から、およそ30分、「からきだ道」の入口です。
画像

この散策路の左には道路が走っていますが、クルマは多くなくノンビリと歩けます。アップダウンは、それなりにあります。
画像

実は、目標の地点を通り過ぎていたらしいので、草花園のところで散策路をはずれました。

右の福祉センターの建物は、「多摩第九」のメインの練習会場です。
左の尾根幹線道路には、何故か広い中央分離帯エリアがあります、鉄道予定用地かなにかだったのでしょうか・・。
画像

ここから「よこやまの道」に入りますが、その途中から、小山田緑地のほうに向います。
画像

途中から丹沢の山なみが見えました、雪形も、ここからだと「馬」には見えないようです。
ズームしています。
画像

ここの散策路は気持ちいいのですが、片側にゴルフ場が広がっていて、ゴルフボールが飛んでこないかと、かなり気になります。更には、ゴルフ場の中に入っていきます。
遠くは「大山」です。
画像

ゴルフのカート道と交錯する「散策路」なんて、そうそうあるものではありません、普通は立入禁止ですよね。
画像

「吊り橋」があるとの表示がありましたので行ってみましたら・・何とも「しっかりした」橋でした。
画像

小山田緑地の「本園」は次回にすることにして、鶴見川源流を目指しました。
途中の大泉寺は広い寺域で、昔は小山田氏の居城があったそうです。
画像

長い参道があり、昔は流鏑馬がやられていたそうです。
画像

山がせまり小川が流れる、典型的な里山の風情です。ここは東京都なのですよ・・。
画像

着きました、「鶴見川源流の泉」です。たしかに滾々と水が湧き出ています。生麦の鶴見川河口まで、延々と42.5キロ流れているそうです。
画像

ただフト横を見ると、勢いのある小川が流れています。実際は、この小川が山から出てくるところが「源流」なのでしょうが・・、マァ固いことは言わないということで・・。
画像

バスもあるようでしたが、30分後なので町田街道まで歩くことにしました。一山を越えるような道路でしたので、足はダメ押しのごとくに「疲れ」ました。
高いところからは、また丹沢が見れました。
画像

いちど歩くと、何か親近感がわいてきます、遠いところではないので、また歩いてみようと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック