おろちループ  -1128

高低差のある場所を上る方法としては、「日光いろは坂」のようにU ターンが連続する道路がありますが、ループ状で大きく回って上る道路もあります。

糸原記念館のあと、実家への道は、来た道を引き返すのが一番近いのですが、前から聞いていた「奥出雲おろちループ」なるものを走ってみようと思い立ちました。

島根県の出雲地方から広島県に抜ける国道314号にあるループ道路です。
下の方から上の橋が見えます(ズームしてます)、随分と高い場所です、そこまで上がります、途中2つのトンネルがあります。
画像

上の橋のたもとには「道の駅」がありました。
「鉄」をテーマにした美術館(右)もありましたが、閉館中でした。
画像

全体は大きすぎて一望できません、こんな写真がありました。
確かに、なかなか規模が大きいです。地上では全体が見えないので実感できませんでしたけど・・。
画像

この国道に並行してJR木次線が走っています。私も一度だけ乗ったことがありますが、スイッチバックする場所がありました。それだけの高度を上っていく・・ということなのでしょう。
そういえば熊本でも、場所はよく覚えていませんが、ループ道路を走ったことがあります。やはりスイッチバックがある豊肥線も近かったような・・。
スイッチバックとループ道路は、そういうところに造られるということでしょう。

どこも橋が造られています、伊豆・河津のループ橋は・・スゴイですね・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック