官民交流  -1172

画像

「民→官」への出向制度は、昔からありました。「各金融機関→大蔵省」などの出向は、癒着のような関係が出来たりして、いろいろと問題にもなりましたね。

基本的に、官僚は民間のことを知らな過ぎるので、「官→民間企業」への出向制度を検討することになったそうで、約30名の官僚を民間企業に「トライアル」として派遣することになりました。

「国家公務員は国民全体に奉仕することが責務」とかで、一時期とはいえ、一民間企業の仕事に従事するのは・・問題、という意見があり、省庁と関係が深い企業には派遣しない、ということでした。
そこまで考えることはないだろうに、と思いましたけど、なかなか難しい世界だということが、よく分かりました。

当時勤務していた会社で、立場上「受け入れ担当」になりました。
東大卒、入省後にカナダ留学経験あり、性格も穏やかな好人物で、サスガと思いました。

一ヶ月の受け入れというのは、正直、苦労しました。「できるだけ実務の経験を・・」とも思いましたが、短い「一ヶ月」ですからね・・、それはムリでした。

この新聞記事をみますと、その後、それが制度となって、続いているということでしょうか・・。
それはご同慶の至りなのですけど、昨今の中央官僚の方々の様子を拝見すると、あまりその研修の効果は出ていないのでは・・と思ったりしていますが、サテ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック