上野の春2013  -1222

昨日(3/22)上野に行ってきました。

目的は三つです。
1 .まだ一度も見たことがない「上野の桜」を見る。
2 .特別公開の「国立博物館庭園」を、これも初めて見る。
3. 「リニューアルされた東洋館」を見る。

先ずは東洋館です。
画像

前に入ったのは、随分と前のことですから正直、よく覚えていませんが、少し雰囲気が変わった・・とは思いました。
先日、民放テレビで、この東洋館の紹介番組をやっていました。展示ケースのガラスは外国のもので、こちらからの写り込みが少ないと言っていましたが、確かに、それは実感しました。
小さなLED照明が効果的に多用されていることもあり、とても見やすい展示になっています。
画像

画像

国立博物館は興味深い展示物が多くて、丁寧に見ていたら疲労困憊しますが、こんなのがドガッと置かれていると、足を止めて見ざるを得ません。

尚、一部の展示物を除き、フラッシュを使用しなければ、カメラはOKです。
画像

外に出たら平成館(左)と本館の間に、スカイツリーが見えました。このタワーは、東京のどこからでも見えますね。
画像

そして「上野公園の桜」です。
なかなか見事です。
画像

時々、歩いている人の声が聞こえてきます。「スゴイ人出・・、平日なのに・・、ヒマな人が多い・・」、←自分たちも、その一員です。
満開でした、例年より10日以上も早い満開のようです。
画像

観光案内所のテントでいただいたパンフレットを見ると、いろいろな種類の桜があるそうです。でもこの人いきれの中では、探究する気分は・・起きませんでした。
画像

帰りの電車の中でパンフレットを見ていましたら、不忍池の中を通る道も桜並木だったようです、見逃してしまいました。
西郷さんは、「もっとキチンと、シッカリ見ろ・・」、そう言っておられたのかもしれません。
画像

国立博物館の庭園は、少し期待外れでした、後日、記事にします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック