参院選  -1271

参院選は、遠い出来事のようになりましたが、やはりこの選挙のことは、書かなければいけないでしょうね。
画像

自民党圧勝は、事前の調査報道でも、当日の出口調査からも、かなり明確に予想されていました。

正に、その通りの結果となりましたね。
私は朝8時前に投票を済ませて、外出しましたが、「結果が分かっている」選挙というのは、いささか「虚しい」思いがしたことも事実です。
夜8時からの開票が始まると同時に、多数の「当選確実」の報道・・、1時間ほど観て、この日も早朝かなり早い起床だったこともあり、睡魔が襲ってきて寝てしまいました。

その結果、次の朝も早く目が覚めてテレビをつけましたら、比例区の議席数も確定していて、その政党の誰が当選圏に入るか、ということだけが焦点になっていました。

以前の私は、開票日当日の夜、テレビの開票報道を観るのは、「趣味」ともいっていいくらい好きでした。自分が投票した候補者がどうなるか、が一番の関心事ですが、その他でも様々なドラマがあり、当選確実と報道された人が、その後の開票で落選したりして、ドラマチックでした。

ところが今回のように、事前予想と結果が、こんなにも同じだとなると・・。人々の関心が薄れる、一つの原因にも・・。
こんなのだったら、せめて開票後1時間は「当確」を出さない・・という「各社の報道協定」でも、やって欲しいものだと思ったりします。

「当確」の議員は、夜8時、開票されてもいないのに、テレビで「当確」が報道されると、全国各地で「万歳」されるのでしょうか・・?
なんか滑稽です。

それはそうと今回の結果ですが、与党自民・公明の圧勝です、でも万全な支持を受けているとは思えません。なのにこの大差、ともかく心して政治を行って欲しいです。

それにしても野党各党の、「子供っぽい」動きには、本当に「嗚呼・・」としか言えない心境です。
衆議院の小選挙区制と参議院の「一人区」は、健全な2大政党での、せめぎあいによって「いい国」を創っていくということだと思いますが、野党が、この「体たらく」では、この国の未来はあるか・・という思いがしています。

今回「ネット活動が解禁」になったとのことですが、私は一度もアクセスしませんでした。
その効果を判断するには、まだ早い時期でしょうが、データを積み上げて検証して欲しいものだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック