近くの「初秋」  -1311

天候はイマイチ安定しませんが、急速に「秋」が近づいているのを感じます。

遠くに出かけるのは面倒(いちだんの老化か・・)なので、またまた自宅発着のウォーキングです。
どこかに隠れていた前の万歩計が出てきましたので、2つをつけて出かけました。
歩数--17225歩と17018歩、しっかり歩行--13690歩と14540歩、マァこんなものでしょう。

城山ダムの堰堤からの津久井湖、少しだけ紅葉が始まったという雰囲気です。
画像

画像

県立公園「水の苑池」を少し過ぎた場所から・・。
あとで、向かい側の山の上に登ります。
画像

赤く塗装された三井大橋は、津久井湖のシンボルの一つですが、幅が狭くて歩行者は恐かったです。近年、このように立派な歩道橋が出来ました。
画像

その橋からの写真です、ゆっくり湖面を眺めることができます。
画像

津久井湖と城山、逆光ですが、湖面がキラキラしていてキレイでした。
画像

参詣道を15分ほど登山して着いた「峰の薬師」、木によって違うようですが、この境内の紅葉は進んでいました。
画像

尾崎咢堂お手植えのモミジは、最近、少し元気がないように思いますが、今年は「見れる姿」になるかも知れません。
画像

私は、土の上で健気に紅葉している、小さな木が好きです。
画像

この時季は花が少ないのですが、この小さな花はよく咲いていました。
画像

私のホームグランドの城山湖に着きました。
山上の発電所(手前)の向うに、仏果山や高取山が見えます。夏場はヒルが恐いので行きませんが、11月ですものね、行ってみようかな・・。(右、遠くの山です)
画像

城山湖、下は桜の木ですが紅葉もキレイですね。向うの山は天下の高尾山です。
画像

城山湖は少しだけ高いところにあるので、紅葉が進んでいました。
画像

画像

ここら辺りでの「随一の紅葉の名所」である「評議原」のモミジも色づき始めていました。
画像

画像

ここからは金毘羅散策道を下って家に帰ります。
これから日々、紅葉が進んでいくのでしょうね。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック