映画「蜩(ひぐらし)の記」  -1426

「一日、一日を懸命に生きる身の上でござれば、その日暮らしの意味合いをこめ、『蜩ノ記』と名付けました」というのが題名の由来だそうです。
画像

「10年後の切腹を命じられた男」役所広司、「その監視を命じられた男」岡田准一、「父の正義を信じる娘」堀北真希、「どんなときも夫を支える妻」原田美枝子、いいですね、ハマり役の4人が織りなす「しみじみ」とした映画です。

時代劇は、かっては勧善懲悪劇が中心で、正義はカッコヨク、悪い奴は只管「ワルじゃのう」・・、の展開でしたが、最近の時代劇は変わりましたね。
現在の世の中にも通じるストーリーが多いです。

役所は適役ですね、岡田は、いつもこんな「いい人物」ばかりの役で、これからもやっていくのでしょうか。堀北もいいですね、原田はどんな役でもこなせるようです。

他の出演者では、時折でてくる青木崇高がよかったです。ただ「寺島しのぶ」の尼僧は、どうだったでしょうか、彼女の真骨頂は「激しい女」です。これはミスキャストだと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック