南高尾山稜道ウォーク  -1495

自宅から歩いて、道路を30分上ると山上に城山湖があります。
そこから延びる南高尾山稜道を、久しぶりに歩いてきました。
画像

このブログに何度も載せている場所の写真が多いですが、その時期それぞれの光景があるということで・・。

遠くには新宿を始として東京の風景が見えるところですが、この日は見通しが悪かったです。
画像

昔は平日だと、殆ど人と出会うことはなかった道ですが、最近は多くなりました。でも高尾山の雑踏に比べたら、ノンビリノンビリと歩けます。
自宅から往復、徒歩で行けるのが、なによりです。
画像

ここは「南高尾」と呼ばれているように、あの「ミシュラン三ッ星・高尾山」の領域です。本家の高尾山は、一年中、スゴイ人出です。
この榎窪山から、その高尾山が望めます、右の方の向うの山です。左は(小仏)城山です、いい天気でしたので、この日もハイカーが多かったことでしょうね。
画像

こんな風倒木も・・、この山稜道は、何年かに一度、下から猛烈な風が吹き上げてくることがあるようです。
画像

以前の朽ちた風倒木から、新しい命が芽を伸ばしています、屋久島での雰囲気に、よく似ています。
画像

私は「花の名前」をよく知らないのですが・・、これはフデリンドウでしょうか。
画像

あちこちで見かけるこれは、ジュウニヒトエ・・?。もう少し優雅な花であって欲しいのですけど・・。
画像

これはチゴユリ、近辺のいくつかの場所で咲いています。「小さく」て可憐で、私は大好きです。
画像

高尾山は「スミレの花」のメッカです、この南高尾山稜道でも沢山咲きますが、5月が近いこの時期は、シーズンオフですね。
画像

画像

この時期、木々の新芽が本当に美しいです。葉が茂れば見えなくなりますが、今の時期は下の津久井湖が少し見えています。
画像

この道のハイライトは「ニリンソウ」です、何故か南高尾山稜道を紹介した記事に、この場所が書いてあるのを見たことがありません。
画像

群落となっていますから、ここは本当にステキな場所です。
「西山峠」をホンの少し下ったところにあります。
画像

画像

この道で唯一、展望がひらける場所、下の湖は、津久井湖の上部です。
画像

少し下った場所からの風景。
右の大山やら、仏果山やらが見えます。
画像

城山(津久井城址)も見えました。
画像

名残の山桜が咲いていました。
画像

この小さい花は、ヤマブキソウかとも思いましたが、花弁の数が違うようで・・分かりません。
画像

この花も、よく見かけますが、名前は分かりません。でも、このように集団で咲いていると、それなりにキレイです。
画像

標識・・、南高尾山稜道は東京都と神奈川県を分ける山道で、東京都が設置した標識が多いです、下の標識もそうです。
いちばん下の板は、わが相模原市〈神奈川県〉が最近、設置したようです。

左方向に「城山」の文字がありますが、これは「(小仏)城山〈東京都〉」のことです。「城山湖〈神奈川県〉」は右方向です、間違えやすいです。
歩く人は、東京だろうと神奈川だろうと、そんなことは関係なく歩きます。誰にでも分かりやすく有用な「標識」であって欲しいです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック