屋久島⑩太忠岳  -1502

ヤクスギランドから海岸線に下るバスの中から、遠くに望むことが出来ました。
前号の「モッチョム岳」は山塊が特異な形でしたが、この太忠岳は、山頂に特徴的な巨大な石がありました。

運転手さんは一時停車してくれ、バスの窓越しですが、写真を撮ることが出来ました。
神秘的ともいえる風景ですよね・・。
画像

山頂の石は、天柱石というそうです。
やはり花崗岩なのでしょうが、自然が厳しい屋久島の山頂に、こんな形で屹立できているのは不思議でした。
画像

持参したガイドブックに、この山の記載はありませんでした。ガイドさんは遠足で登ったことがあると言っていましたが、観光客が登るような山ではないようです。

ツアーから帰った後、テレビのトレッキング番組に、その懐かしい姿が出てきました。旅から帰ったスグの頃に、その地がテレビなどに登場することは、実はこれまで何度もありました、何か不思議です。
例えば →旅「城崎温泉-1120」 〈クリック〉

ヤクスギランドの奥から、この山に登るルートが通じているようです。
画像

こんなに巨大なのですね、南アルプスのどこかの山にも、巨大な石があるようですが、ここの石のほうが大きいのではないでしょうか。
画像

この記事へのコメント

2015年05月20日 22:17
天柱石 不思議な形の石ですね。
秘められた 凄い力が湧き出て
いるように見えます。
つい最近行ったばかりの所が
新聞や テレビに 出たりすること
私も よく体験します。
私の場合は その後 その所に
よくないことが 起こるのです。
でも 私の責任では 無いですよ、、、、


人生ゆっくり
2015年05月21日 09:43
テレビの映像のように、その下に立ったら、感動モノ・・でしょうね。
「よくないことが起こる」・・、幸い私にはそのような経験はありません。

この記事へのトラックバック