敗戦  -1527

8月15日が近づいてきますと、テレビで様々な番組が放映されます。
画像

画像

画像

この時期のNHKは、いつも頑張っていると思いますが、今年は、それほどではない思いが・・。会長があの方だから・・なんてことはないでしょうね、これからに期待しています。

これまでの番組では民放の従軍看護婦への「赤紙」の番組・・が私には新鮮でした。女性に対する「赤紙」は、これが唯一であり、受け取ったことを喜び、それぞれ士気高く戦地に赴いたとのこと。
画像

「レッドクロス(赤十字)」というドラマは、前編・後編で、ある看護婦の波瀾万丈の人生を描きました。
フィクションでしょうが、戦後、中国での国共内戦で共産党軍に従事させられ、日本に帰ったのは戦後20年も経った後・・。

ずっと以前のテレビドキュメンタリーで、「日中国交回復」の番組がありました。田中首相との通訳をした女性に対して、周恩来主席(?)が「どこで中国語を習得されたのですか」と尋ねます。
確か、その返答は「共産党軍に看護婦として従軍していました・・」だったと思います。

歴史は、なかなかに厳しいですが、そういう出来事があったことを、その時、初めて知りました。この時期、いろいろと考えることが・・多いです。

ところで、もうスグ「終戦記念日」です。
私には「終戦」という言葉は、どうしても「しっくり」しません、「敗戦」という言葉の方が適当だと思うのです。
「敗戦」というと、なぜ敗けたのか、政治家や軍人トップあるいはマスコミの人たちは、何を考え、どう行動していたのか、といった疑問がスグにわいてきます。

「終戦」というと、季節が移ろい、ある一時季になったというイメージです。
国民が困窮・疲弊し、沖縄・広島・長崎そして空襲での無辜の人々の多数の死、完膚なきまでの大敗だったのです、「敗戦」です。
「終わった」のではなく「敗けた」のです、それが、先の戦争を考える原点になるべきことだと思います。そして、その責任の所在も・・。

原発事故関連の報道を聞いた時も、同じような感想を抱いてしまいます。

この記事へのコメント

2015年08月09日 16:31
玉音放送は疎開先の米子で聴きました。就学前でしたが、大人が泣いているのを生まれて初めて見た記憶は、まだ鮮明に残っています。

歴史は古いほうから勉強が始まり、近代史まではなかな到達しません。

第2次大戦では、イタリアが国内で分裂し最初に降伏。ただし敗戦国扱いにはなっていない。そのため国連にも最初から加盟している。
ドイツは1945年5月9日に降伏。
日本だけが取り残され、沖縄が侵攻されても、まだ本土決戦を軍部が主張したとも伝わる。
頑強に抵抗する日本に対し、広島と長崎への原爆投下が終戦(敗戦)を決定づける要因になったのは事実でしょう。

1945年の10月に米子から西広島(己斐)の親類を訪ねました。広島中心部、横川あたりはまだ焼野原のままでした。

私なんぞが戦争を知る最後の世代かもしれません。
人生ゆっくり
2015年08月10日 04:30
米子が、loaferさんとの「おつきあい」の原点ですね。
死者や負傷者は、最後の一年が、とびぬけて多かったとのこと。どうして一年前に終わらせることができなかったのでしょうね。

この記事へのトラックバック