里海  -1528

画像

「里山」という言葉は、よく見聞きしますし、私の住んでいる近くに「保全活動」がされている場所があります。そこでは「ほたる」も時々、出没します。

でも「里海」という言葉は初めて聞きました。

ウィキペディアによると、環境省は、里海を「人間の手で陸域と沿岸域が一体的・総合的に管理されることにより、物質循環機能が適切に維持され、高い生産性と生物多様性の保全が図られるとともに、人々の暮らしや伝統文化と深く関わり、人と自然が共生する沿岸海域」と定義しているとのこと。

もっと柔かく定義できないかとも思いますが、お役人の文句は、こんなものなのでしょう。

東日本大震災で、一時期、壊滅状態だった松島湾の牡蠣は、以前その品質をよくするため、流れ込む川の水源地帯に植林を続け、効果が出ているという話を聞いていました。

この時のテレビ番組は、瀬戸内海の赤潮と、養殖している牡蠣、あるいは海中のアマモなどの環境的な連鎖を描いていました。
画像

画像

それぞれの「自然」が連鎖して、良好な環境をつくっているということがよく分かりました。「自然」というのは、こういうことなのでしょうね。

昔、九州に向かう飛行機から瀬戸内海を見下ろしたら、赤潮の気味の悪い色で海面が覆われていました。
そういえば、最近、「赤潮」のニュースを聞かないですね、いろいろなところでの地道な努力が奏功しているということでしょう・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2015年08月10日 06:14
私の住んでいるところにも 里山100選
に選ばれたといわれる里山がありますが
ホタルが 年々減り 今は ほとんど
見かけません。
自然を 保つためには 自然負かせでは
ダメだということですね。
人間が壊した自然です。私達が 意識して
保っていく努力が 必要ですね。
2015年08月11日 06:23
私の住んでいる辺りでも、ホタルを人の手で育てて?いるそうです。子供の頃は好きなだけ捕まえました・・・
広島の姉のところでは野生のホタルが飛びます。感動しました~。
多分20年も前のことですが、森を豊かにしたら海も豊かになると聞き、ものすごくビックリしました。
人生ゆっくり
2015年08月13日 08:53
フラバーバさん
アールグレイさん
自然というものは「大切にし過ぎる」ということは無いですね。ホタルはその象徴かもしれません。
小旅行をしていて、コメントが遅くなりました。
いろいろと高山植物の写真を載せますので、乞うご期待のほどを。

この記事へのトラックバック