スペースワールド -1608

断続的に続けています・・、「北九州ツアー」の話題です。

バブル時代、全国各地でテーマパークが建設されましたが、その後、多くの施設がクローズされました。ハウステンボスも、いちど倒産したのでしょうか、今は事業主体が変わっています。

なので正直なところ、スペースワールドが今も存在しているとは思っていませんでした。
新日鉄の東田高炉跡を見学しましたが、その駐車場から、その姿が見えました。
画像

要するに広大な、この辺り一帯は、新日鉄の敷地だったということですね。昔の全体の敷地面積は、どれだけだったか想像も出来ません。

バブルの頃といっても、それからの時代に会社が、そのままで存続できるわけはなく、超巨大企業の新日鉄も模索していたようです。
その一つがスペースワールドでした、「宇宙」をキーワードにしたテーマパークを造りました。「ハードからソフトへ」といったところだったのでしょう。

同じころ東レを見学したことがあったのですが、これまた広大な松山工場敷地の一部を使って「ウナギの養殖」を始めたとのことでした。

昔の「これからの時代を探る勉強会」で、スペースワールドを訪れました。
建設中のハウステンボスでの説明の時も感じましたが、人口が相対的に少ない北九州で「果たしてやっていけるかな」と思いました。
多分、今のスペースワールドも「楽な経営」ではないと思いますが、存在している姿をみて・・何となく嬉しかったです。

スペースシャトルの姿が見えるのも懐かしいです。
見学した時に観た、宇宙の「大画面映像」は素晴らしかったです、これは今でもハッキリ記憶に残っていて、本当に美しかったです。

地元人口の少なさはあるものの、ハウステンボスやらスペースワールドが頑張っているのは、やはり中国・台湾・韓国に近いというメリットなのでしょうか。

話が飛躍して恐縮ですが・・。
北海道はロシアに取り囲まれていて、しかも近いです、国後島なんて目の前です。
北方領土の問題は譲歩するわけにはいかないでしょうが、解決のメドは全く立っていません。

何か「工夫」して、相互に観光できる方策は考えられないのでしょうか。アリューシャン列島には、手つかずの自然が残っているようで、私は大いに興味があります。
ロシアの人々も、近い北海道の「大自然」と「おもてなし」に接したら、大ファンになられること間違いなし・・だと思うのですが。

中国・韓国の人たちは「日本嫌い」が多いと聞きますが、あんなにも沢山、来日されます。
北の地は、船でスグにいけるところです、。「メンツ」に、こだわってばかりいて全く何も進展しないのは・・本当に残念です。

近隣各国の方たちとは、平和的に楽しく交流したいものです。
しかるべき為政者の方々は、何をされているのか・・と、しみじみ思ってしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2016年04月13日 22:23
スペースワールド
もう20年以上になると思いますが
行ったことがあります。
その時は それほど 楽しい所とは
思いませんでした。 今も 頑張って
存在しているのに 驚きました。
北方領土問題 解決できるといいですね。
納沙布岬に立って 国後島を眺めました。
すぐそこに 見えていますが 遥か遠い
島に感じました。
人生ゆっくり
2016年04月14日 09:12
国後島は本当に近いですよね。
尖閣と違って「人々」も沢山住んでいるようですから、何とかならないものか、と以前から思っています。