水道道  -1631

利根川水系のダム貯水量が減少していて、取水制限が実施されたとのこと。
最近は、水不足のニュースは、あまりなかったですけど・・。

神奈川県に何十年も住んでいますが、こちらでは「給水制限」なんて、これまで一度も聞いたことがありません。
東京都の対策は、何か「抜け」があるように思ってしまいます。日本の首都ですから、万全を期してもらいたいものです。

先日のブラタモリで横浜が取り上げられていましたが、その中に「水道道(すいどうみち)」が出てきました。

県北部から横浜へ水を送る「水道路」が造られたのは、実に明治時代のことです。
以前にも書きました。ご興味あれば ⇒ 水道物語~横浜水道~-130 クリック

下の写真には相模川から取水となっています、建設当初はそうでしたが、現在は相模川の支流である道志川から取水されています。
画像

水道管が道路の下に敷設されている場合もあり、水道道と呼ばれたりしています。重量の重い車両は通行禁止になっていたりします。
画像

上が緑道になっていたりすることもあります、昔、勤務していた事業所のグランドの下も通っていました。
私の住まいの近くにある水道道です、この下を向うの方に水道管が走っています。↓
画像

高低差がある長い距離ですので、さまざまに工夫して水を送っているようです。(テレビから)
画像

画像

横浜の野毛山が終点です。
画像

画像

外国人の指導のもとでの工事だったようですが、明治時代によくぞ造ったものだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • loafer

    神奈川県は関東地方でも水不足にならない唯一の県で、羨ましいです。
    道志川沿いに水源林を涵養しているそうですね。

    我が家では風呂の残り湯をポンプで汲み出し、庭の鉢に散水しています。
    2016年06月20日 10:43
  • 人生ゆっくり

    今日、津久井湖に行って来ましたら、サスガに水量は減っていました。例の原発事故の時、町田の一部の水は、遥か遠くの浄水場から来ているとのことで驚きました。
    隣県ですし、緊急の時は、こちらから融通すればいいのに・・、と、いつも思っています。もうすぐ「前」となる知事さん、そんなことは全く意識にないのでしょうね・・。
    2016年06月20日 15:11

この記事へのトラックバック