緑区・クマ出没  -1635

画像

住んでいる緑区でにクマが出没したというニュースが、全国ニュースとしてテレビや新聞で報道されました。

「政令指定都市にクマ」ということでの話題性からだったのでしょう。その後、田舎の親戚などから電話があった時には、必ず話題になります。

政令指定都市といっても、市の最北部の「自然に満ち溢れた地域」ですので、そんなに驚きはないのですが、「クマ」となれば、それは恐いです。
近辺をハイキングする時には、やはり「鈴」を鳴らしながら歩いたほうが、いいのかとも思っています。

私の住んでいる近くの「峰の薬師」の辺りにはサルの集団がいますし、実物を見たことはないのですが「イノシシのワナ注意」の看板は、よく見かけます。
先日の回覧板では、「鹿駆除」のため、猟銃・散弾銃を使用する、日時はこれこれ・・、オイオイ、ハイキングコースもあるのに・・と思いましたが、これも仕方のないことなのでしょう。

報道を見ると、昨年もクマの目撃情報はあったようですが、全国でクマが頻繁に出没しているので、今年は話題になったようです。
ただ今回は三ヶ木(みかげ)の住宅地にも出てきたそうで、こんな話は初めて聞きました。
それにしても「クマ」・・は恐いです。

この記事へのコメント

2016年07月04日 17:17
鹿は木の葉を食べてしまい、丹沢ははげ山化しているようです。イノシシも畑を荒らすし・・・。

昔は「おやまのくまさん」と童謡に歌われたものですが、本物の熊の出現は、本当に「クマッタ」ものですね。
寝たふりはダメだそうですし、走るのが早いので、逃げるのも難しいとか。
散歩の折はご用心、ご用心。
人生ゆっくり
2016年07月04日 17:30
南高尾山稜道の狭いハイキング路を通る時、向うから一本道をイノシシが突進してきたら「どうしよう」かと、いつも思っていました。
それに加えて、横の森林から、突然クマが出るかもしれないということですよね・・、恐いです。

この記事へのトラックバック