大王わさび園  -1655

以前に一度だけ来たことがあります。
拡大されて広くなった大駐車場、そこにビッシリのクルマ、驚きました。
画像

ただ、あのクルマの数にしては、園内の人数は、それほどでも無かったです。それだけ園内が広いということでしょうね。
画像

「入場無料」というポリシーは、昔も今も変わっていないようで素晴らしいです。
私たちも園内で、わさびソフトを食べ、昼食で信州そばを食べ、土産物も買いました、そんなことでペイしているのでしょう。
ここには観光立国を目指すためのヒントが、沢山あるように思いますが、どうでしょうか・・安倍さん。
画像

実際にワサビを栽培している場所を無料で公開し、ある種ワンダーランドのような風景を見せてくれて、来た人に満足感を与えてくれる「ここの経営者」は、どんな方なのだろうかとフト思ってしまいました。
画像

場内の蕎麦屋でソバを食べました、多分美味しいソバだったのでしょうが、正直「ソバの旨さ」はいまもって、私にはよく分かりません。

テレビの「食レポ」の言葉は殆ど信じませんが、特に、ソバを食べるや否や「美味しい」というのは、腹立たしく思っています。
本当に美味しいソバは多分、しみじみとした時間を置いた後の「美味しさ」なのではないでしょうか。
画像

画像

これで「白樺湖」一泊旅行の記事は終わりです。

引き続き「三陸」小旅行の記事を載せる予定です。
なんとも「すさまじい」ツアーとなりました・・。

この記事へのコメント

2016年09月05日 09:36
大王わさび園に家族で行ったことがありますが、遠い昔です。
入場料を取らずに、飲食、お土産販売の収入で賄っているというのは素晴らしい知恵ですね。
ほかでも見習ってほしいです。
人生ゆっくり
2016年09月05日 10:16
一見、変わってないように見えて、変わってもいるようです。
黒澤明の映画に出た三連水車は撤去されているようでしたし、川にはゴムボートも浮かんでいました。

この記事へのトラックバック