台風10号の被害  -1657

ツアーの途中「台風10号被害」の様子を一部だけですが、実際の目で見ました・・、こんなのは「いい経験」というのでしょうか。

岩泉の道路崩壊等の大被害は、私たちが、その地を後にした、その夜のことでしたから、目にすることはありませんでした。
ところが二日目、宮古市内に入ると、災害の後にテレビで観る光景が広がっていました。

大震災からの復旧も道半ばの状況での、度重なる自然災害・・・気の毒で涙が出そうでした。

冠水した河川敷、この川のどこかかから街に浸水したようです。
田畑が冠水して泥だらけになった光景も沢山見ました。
画像

後ろに防潮堤らしきものがあります、その向うは海のようです。その内側での災害、たまったものではありませんね。
画像

宮古駅に近い場所ですが、歩道の通行も、ままならないようでした。
画像

この先では道路を閉鎖しての「泥除去作業」が行われていて大渋滞。少し先で一般車は右折させられて、う回路に誘導されていましたが、添乗員が努力してくれて、このバスは泥の中を直進して進みました。
画像

店の中にも水が入ったようで、この有様、「ため息」が聞こえそうです。
画像

後で記事にしますが、陸前高田では、地面をかさ上げする大工事が進行しています。膨大な費用が、かかっているハズです。
その一方での、このような市中心部での浸水、何かチグハグのように思います。

先日の台風13号関連での被害もあったようです、ニュースに、ここらあたりの地名が出てくると、今もテレビに釘付けになります。
本当に気の毒です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック