アメリカ  -1679

画像

アメリカ大統領選挙の開票状況を、これほど長い時間テレビでみたことは、一度もありませんでした。

結果はT勝利、私も・・結局は勝つと思っていたCは、無残な敗北。

世界に誇っていた「アメリカの品格」は、地に落ちてしまいましたね。
あれほどの人格を無視した差別的な発言を続け、多くの人たちの顰蹙(ひんしゅく)をかっていた、どうみても品性が劣るとしか思えない人が、あのアメリカの大統領ですか・・。

Cは、私からみても魅力がなかったです。十年も前だったら、まだ(少しは)若くて良かったです、今は元気よく活躍できる歳ではないです。Tも年齢は同じですが、元気だけはありましたね。
メール問題のほか、Tの理不尽な文句にも、的確に対応できていない感じがしました。

アメリカのテレビ局の分析によると、若い層が投票したのはCが多かったとのこと。これは少し意外でした、よく分かりませんが、民主党サンダース元候補に対する若者の支持が流れたのでしょうか。
日本の若者なら、Tに向かうと思うのですが。

あれだけの言動にもかかわらず、黒人票やヒスパニック票も、Cに向かったわけでもないようです、選挙は難しいですね。
ひとことで言えば「国民の不満」が噴出した結果のようです、それだけに期待は大きいことでしょう。

我が国での民主党政権の発足時を思い出します。圧勝し見事に「浮かれた」民主党議員のその後の行動は無惨なものでした。
何もやろうとせず・できず、党内でケンカばかりして、結局、空中分解したのは、何とも腹立たしいことでした。

同じような「よく分からない熱気」の中で誕生する「T政権」、あまり日本は好きでないようですが、かっての民主党政権のようなことにはならないようにと願う気持ち大です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック