退位問題  1698

元日の新聞記事は力の入った記事が多いです。

一面トップには「試される民主主義」の文字がありました。
トランプ大統領の出現、イギリスのEU離脱、テロ頻発、難民激増などを背景に、今、混迷している世界の有様を書いていました。多分、この一年間、これらの問題を追求していきたいという決意なのでしょう。

「採決の強行」をしたとしても「強行採決」はしていない、こんなバカげた「へ理屈」を受け入れて、同様の表現にしている最近のマスコミには正直、愛想つかしています。
元旦記事の意気込みを、今後とも強い意志で続けてもらいたいものです。

「天皇退位」についての記事もありました、これも今年の重要問題の一つなのでしょう。
画像

新聞の2面に少し詳しい記事がありました、何度も何度も読み返しましたが、反対する方の意見は、私は理解も納得もできませんでした。

世論調査によると、国民の多くは「天皇退位」に賛成しているとのこと。
当然でしょう、テレビで切々と話された天皇のお気持ちは、心にしみ全く同感いたしました。こういう言葉を理解しようとせず、庶民では理解し難い理屈を言われる「有識者」に対しては唾棄したい気持ちです。

厳密に法解釈すれば、それらの理屈が成立するのかもしれませんが、第一におさえるべきは「人間」としての「天皇のお気持ち」ではないでしょうか。

「天皇」は只管(ひたすら)皇居の奥で、国・国民の安寧を祈っていればよい、それが唯一の任務だ。被災地訪問などは国事行為ではないので行う必要はない。よしんばそれが出来なくなっても、摂政やら代理者がやればいい・・。

天皇陛下が戦争の被害地やら、自然災害の被災地に関心をもっておられるのは明白です。そういう行動を「余計なこと」と言うわけですからね、何をかいわんやです。

体育館に避難している老人に、皇后ともども、身を低くして話しかけられ、その人が涙を流さんばかりに感激している様子をみて、何とも思わない有識者は、何を「識って」いるというのでしょう。
人間としての何かが欠落しているとしか思えません。

「時の政権などによる強制的な退位」の危惧もある・・これは正直ダメですね。でも「将来の天皇が自分の都合で恣意的な退位」の危惧・・、継承者がイヤだと言っても即位させる、そんなことを本当にやるのでしょうか。イギリスでは、どうだったでしょうか。

「務めを果たせない天皇は天皇たりえない、という先例にしてはならない」という理屈があります、いろいろと考えるものです。あれやこれや、考えられる理屈を言っているだけのように思います。

退位反対の方のお名前は一部しか私は知りませんが、集団的自衛権などの安保法制論議の時、よくテレビで賛成の意見を述べられていた方と一致します。安保法制の時は「解釈変更」とのことでしたが、何故か退位問題では、教条主義的で、「一歩も憲法から外れてはならない」と言われているが如きです。

国民の支持という背景があるのですから、「解釈変更」といった考えの検討も欲しいです。

退位後、健康がゆるされるなら、お心のままに全国を逍遥され、その地の人と触れ合われ、笑顔を交わされる、そんな日常が出現することを期待します。

最近、政府専用機は、すっかり首相専用機になっていますが、元々の目的はそうではなかったハズです。もう少し小ぶりの機体にして、退位後の天皇の「心を癒す・国民とふれあう」気ままな旅に使って欲しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2017年01月04日 16:37
天皇陛下は 退位を願っておられる
のでしょうか。
天皇は 日本の 象徴です。
なんでも 天皇陛下に 頼るのでなく
こまごまとした 行事は 皇太子が
なされば いいことです。
お年からして のんびりと 過ごして
頂きたい気持ちは ありますが
退位なさらなくても いいと思っています。
2017年01月05日 14:42
「天皇退位」についてのご意見に関しては全く同感です。80歳を超えたご高齢でもあるのに、退位できないというのは酷です。

元旦にはコンビニで普段購読していない新聞を買っています。日経は山積みになっていました。
人生ゆっくり
2017年01月05日 17:21
フラバーバさん
天皇陛下は、「中途半端なことはやりたくない」というご性格のようです。かなり無理をされているようにも見えます。皇太子が天皇になり、自分たちがやってきたことを引き継いで欲しいということでしょうか。

ioaferさん
「国・国民のことだけを祈っていればよい」という意見には同意できません。被災地の人が喜び、東南アジアの国民の共感を得る、そういった意義は貴重だと思うのです。
アールグレイ
2017年01月06日 06:06
テレビと新聞でしか拝見できませんが、どれほどの慈愛に満ちた方だろうと想像しています。よくわからないのに言い過ぎかもしれませんが、聖職者たちよりもと思うほどです。
人生ゆっくり
2017年01月06日 08:59
そこまで考えられなくても・・と、つい思ってしまいます。ムリをされているのは確実でしょうから、早く穏やかな日常になって欲しいと思います。

この記事へのトラックバック