温泉番付 -1792

すっかり寒くなりました、皆さんのところも同様でしょうね。

この季節、「温泉」という文字に、つい憧れてしまいます。
テレビ番組に出てきたランキング表に、行ったことのある温泉をマーキングしてみました。
画像

結構いろいろなところに行っているとも言えますが、まだまだ行きたいところは沢山・・。

でも、こんな機会↓で行った温泉では、泉質などの記憶は、殆ど残っていません。
「タマタマ出張のおりに泊まった」「何かの研修会の際」「職場旅行」「スキーの際」「合唱団の合宿」・・。要するに、主目的が別だと、印象が薄くなるようです、温泉は、「ひたすら湯を楽しみに行く」ことが肝要なのでしょう。

このランキングでの両横綱の「別府」と「草津」は、私も異存がありません、本当に「いい湯」だと思います。別府は安いツアーで行ったBC級ホテルでしたが、「湯」だけは素晴らしかったです。
東大関の箱根温泉郷は「一括り」にするなら、「別格横綱」とでもすべきでしょう。多種多様な温泉があり、一括りに出来るものではないと思います。

登別もいい湯でしたが、下駄ばきで地獄谷を散策中「泥土」に足を踏み入れ、その火傷の足を高く上げて入浴した、かなり悲しい思い出があります。
城崎は、温泉地として地域全体を盛り上げていこうという姿勢に共感・共鳴しました、素晴らしいです。

温泉は、無理やり二つに分けるとすれば、「濁った湯」と「澄みきった湯」でしょう。
前者は「硫黄泉」など、私も一番「温泉らしい」雰囲気を感じます。万座や蔵王、志賀熊の湯など、よかったです、乳頭温泉郷は、一度は入浴したい「憧れ」の温泉です。
箱根の強羅や姥子で泊まったところは「泥湯」で驚きましたが、なかなかの体験でした。

後者の温泉では、「まったり感」「スッキリ感」いろいろな温泉がありました。
よく覚えているのは山鹿温泉です、無色透明のいい塩分泉でした。当時勤務していた熊本の会社には陸上競技部があり、その合宿につきあって行った宿でした。
二度と行くことは無いと思いますが、忘れないと思います。

このランキングには、故郷の鳥取県、隣県の島根・兵庫の温泉が多数入っています。その内では、城崎と有馬にしか入浴したことがないのが、実に残念です。
今さらツアーで「故郷の温泉」に行くなんてことは考えられませんから、これからもないでしょうね。高校時代、皆生温泉の近くに下宿していましたから、ここだけは一泊して「松葉がに」を満喫したいです。

確かに、どんな温泉だったのか覚えていないところが多いのですが、どこの湯も、ゆったり入浴したという記憶だけは残っています。
温泉・・いいですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2017年12月28日 22:23
番付表を見ると 行ったことがある、、
という温泉は いくつかありますが
烏の行水派の私には 全く 違いは
わかりません。勿体ない話です。
湯を楽しむ! そんなことをしていたら
のぼせて 倒れてしまいます。
人生ゆっくり
2017年12月29日 08:54
私も「烏の行水」派ですが、温泉に行くと少し変わってきます。
一回当たりの入浴時間は短いですが、そのかわり何回も入ります。朝風呂を含めて4回入ったこともあります。
ぴあの
2017年12月29日 21:33
沢山の温泉に入られたのですね。
私は数えるほどです。一番印象に残っているのは女性4人で行った那須湯本の温泉。温泉というか、お風呂はよく響くのですね。そこで歌を歌ったら 男湯の方からその歌に合わせて歌声が聞こえてきました。
美しくハモッたのが一番の思い出。
もう一つはどこだったか?多分 尾瀬の近くの温泉で、私たちだけを良いことに 温泉にカメラを持って入り、テレビ撮影のように温泉につかった写真を撮った事。こんなわけで要するに温泉の効能なんてさっぱり記憶にありません。かなりいいくらいな温泉の記憶です。
人生ゆっくり
2017年12月30日 08:55
風呂場でハーモニーですか・・。
そんな場面にであったことがありません、何かと「貴重」な体験をされていますね・・。
2017年12月31日 11:29
今年はとうとう温泉に行く機会がありませんでした。残念。
番付上位の「役力士」では行ったことがないのが5カ所あります。
城崎温泉巡りは楽しい思い出です。道後温泉もよかったです。首都圏近郊では、伊東や湯河原が中位なのは余りに大衆的だからでしょうか。湯西川や土肥の鄙びた温泉も懐かしいです。
小田急沿線の鶴巻温泉が週休3日にして、料金を上げたら大幅黒字になり、従業員の給与も大幅アップしたという記事がありましたが、そういう戦略もあるんですね。
合唱団で滝廉太郎ゆかりの箱根温泉に行ったことも思い出です。ハーモニカでも温泉合宿に行きました。
人生ゆっくり
2017年12月31日 13:47
今年は私も入れませんでした。奄美ツアーの時、どこかの島の宿は温泉ということでしたが、メンテ中ということで入浴できませんでした。
湯西川というのは興味があります、雪見酒なんて憧れです。
そういえば箱根・芦之湯もよかったですね。

この記事へのトラックバック