しろやま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 精霊の守り人  -1798

<<   作成日時 : 2018/01/30 05:20   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

NHKの壮大なドラマでしたが、先日、大団円を迎えました。
「大河ファンタジー」としていますが、確かに「大河ドラマ」に匹敵する『かなり金がかかった』ドラマでした。

オープニングのテーマ曲は、「大河ドラマ」と同じくN響の演奏です。
NHK番組といえども、N響が登場するのはクラッシック音楽の番組が殆どで、その他の音楽番組に出演するオケは、多くが東京フィルです。
これをみても、この番組にかけるNHKの力の入れ方がわかります。
画像

確か3年くらいに亘って断続的に放映されました。
初回を観た時、「このドラマは登場人物が多くなるのだろう」と予想しましたので、録画で確認しながら、劇中の登場人物名と俳優者名、そして劇中の「どこの国に含まれるのか」をメモすることにしました。

今、手元にあるリストでは、登場人物は65人以上です、メモしてよかったです。これがなければストーリーを追っていくのに支障があったことでしょう。

俳優陣は正に「綺羅星のごとく」といってよく、出演料のトータルを知りたいくらいです。
「今のNHKで最も金のかかった番組は、これだ」と新聞記事にありましたが、CGを駆使した映像などで、それは実感しました。
意匠を凝らした衣服、建物の造形などにも、スタッフの意気込みを感じました。
画像

綾瀬はるかは短槍で、ものすごい殺陣シーンを演じましたし、高島礼子は鬼気迫る特殊メイクで老婆を演じました。俳優というのはスゴイですね。

ここまでの内容にする必要が、あったかどうか、疑問がなくもありませんが、一つのエポック的な番組だったと思います。
以前の「坂の上の雲」のスケールを引き継いだ番組だと思いましたが、サテ次にも何か考えているのでしょうか。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ドラマは 見ていませんが 予告の
映像が 何度も流れていたので
大がかりな チョット変わったドラマ
だな と思っていました。
NHKの 威信をかけた 
ドラマだったんですね。
フラバーバ
2018/02/01 09:58
何か漫画チックなところもありましたが、製作費はかかっていたでしょうね。
こういうドラマをNHKが作る必要があるかな?、とも思いましたが、NHKでないと作れないドラマだったかもしれません。
人生ゆっくり
2018/02/01 15:59
はじめの頃、藤原竜也を見たくて観ていたのですが、トシのせいとは言いたくありませんが、ファンタジーやCGがあるドラマや映画が苦手になりました。そのうちDVDになると思いますので、そのときエネルギーが残っていたら、観ようと思っています。
アールグレイ
2018/02/02 05:48
最初のころは、少し複雑なストーリー展開でしたが、今回の最終章は、分かりやすかったです。
ただNHKは、このドラマで何が言いたかったのか、結局、最後まで理解できませんでした。
人生ゆっくり
2018/02/02 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
精霊の守り人  -1798 しろやま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる