早朝の阿寒湖散歩 -1861

50年前に通った阿寒湖に向かう道は、ペンケトー・パンケトーなども見える高原道路でとても快適な道でした。
途中眠気に襲われましたが、北海道でも気に入った道として記憶に残っています。

期待していたのですが、今回の阿寒湖へのルートは、少々味気ない全く別の道でした。
少し残念な気持ちで阿寒湖に着きました、この温泉地に宿泊するのは初めてでした。
画像

泊まったホテルのスグ前が遊覧船の発着場所でした。
オプションで明朝6時出発の遊覧船が募集されていましたが、そんな慌ただしいのは私はいやなので当然、参加しません。
画像

翌朝は例のごとく早起きですので、湖畔をぶらぶらと歩きました。
気持ちの良い遊歩道が整備されていました。
画像

歩いている人は誰もおらず、ゆっくりと森林浴と湖面の風景を楽しみました。
画像

振り返って見る雄阿寒岳です、朝日の中の景色は、なかなか美しかったです。
画像

噴火活動を続けている雌阿寒岳は見れませんでしたが、多分この方向にあると思います。
画像

早朝の温泉街には人の姿が全くありません、排水管からは湯気が・・、この雰囲気は大好きです。
画像

アイヌコタン、土産物街があります当然ですがどこも開いていませんでした、この施設で毎夜イベントが開催されているとのことでした。
フクロウはアイヌの象徴らしいです。
画像

「さまざまな場面で踊る」↓とあります、はるか南の沖縄でも、カチャーシーでしたか、ありますね。最北と最南で形は違っても皆で踊る風習があるのは興味深いです。
画像

この場所で「アイヌの踊り」がやられているとのことで興味はありましたが、昨夜、酔っ払ってホテルから出かけるには、微妙に遠い場所でした・・残念。

【思い出①】清水脩作曲の「アイヌのウポポ」という男声合唱の名曲があり、私の大好きな曲のひとつです。
関西六大学合唱演奏会の最後の合同演奏でも歌ったことがあります。
リズムをとるのが難しい曲で、休符が多用されます。その時の演奏は、結果的に休符を見事に無視した、実質的に「休符なし」状態で、若者たちは歌い続けました、なんとも・・ハヤ、の思い出であります。指揮者は北村協一さんでしたが、平然と指揮されていました。

【思い出②】 田舎での中学校の時でしたが、学校の体育館に「アイヌの若い女性」が来て、顔に入れ墨をした姿を見ました。慣れているのでしょう、彼女は驚くほどに平然としていました。
文字通りの「見世物」ですから、私には「イヤな思い出」です、こんなこと・・たかだか60年前ですが、行われていました。

先生たちは、アイヌの姿を見るのは貴重だからということで生徒に見せたのでしょうが、私は「正視」できませんでした。
彼女は「生活」のためだったのでしょう、何も恥ずかしがらない姿は、今から思うと、「なぜ恥ずかしく思わなければならないの」という気持ちだったのかもしれません。私は、様々に「恥ずかしい」です。

歩いていると大型の観光船が出発しました、「観光地」は目覚めたようです、皆さん今日も慌ただしい一日になることでしょう。
画像

やはり紅葉していれば・・キレイだろうな、と思う光景もありました。
画像

ともかく、この日は「いい天気」でした、旅では、これが一番です。
画像

画像

十年以上前のツアーの時、こんな格好で写真を撮られました。こんな恥ずかしい写真を買うつもりは全くなかったです。
この日のバスの席は最前列で添乗員(後列右のチャーミングな女性)と何度も会話しました、そのせいか「これプレゼントです」と、この写真をタダでくれました。
これを見ると、今回泊まったホテルのスグ前だったようです。
画像

後方の森に朝食後、歩いた「ボッケにつながる散策路」があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年10月25日 20:50
水面に映る 雌阿寒岳
本当に美しいですね。
旅行集合写真は たまに 仕方なしに
買いますが プレゼントしてくださるとは
人生ゆっくりさん 可成り 素敵な
方なんでしょうね。
これが 旅の一番の思い出なんですね。
人生ゆっくり
2018年10月26日 04:49
とんでもございません・・・。
他の写真は買ったのでサービスしてくれたのだと思います。
2018年10月30日 08:37
大学のころ貧乏旅行で、函館と秘境だった知床を除きぐるっと周遊しました。ペンケトー、パンケトーという名前も記憶にあります。
行ってみたいところはまだまだあるのですが、なかなか行けません。
人生ゆっくり
2018年10月30日 09:52
行ける内に、出来るだけ出かけたい・・と思っています。一方で、「少しだけ腰が重くなってきた」感じもしています。
北海道は、どこもステキですが、バスの乗車時間が長いのが・・。

この記事へのトラックバック